読むと元気になる『BLUE GIANT』 世界一のサックス奏者を目指す高校生がひたすらに練習に打ち込む!これは格闘漫画だ!!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、青春ジャズ漫画『BLUE GIANT』(ブルージャイアント)を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

私は、あまり音楽を聞かないですし、そもそもジャズって何だか小難しいそうで、この漫画も敬遠していました。でも読んでみると・・・読まずギライを反省です。面白い!出会えてよかったと思える漫画です。

スポンサーリンク

1.『BLUE GIANT』の基本情報

著者 石塚真一
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミック
掲載期間 2013年~2016年
巻数 全10巻

石塚真一さんの経歴は面白いです。高校時代は無気力で、日本の大学はどこも受からなくて、働くのもイヤだというので、アメリカの大学に留学したようです。大学時代は山登りに明け暮れ、帰国後、IT企業に就職しますが、1年もたたないうちに倒産。30歳直前に「これはまずい」と漫画のハウツー本を買ってきて、漫画家を目指したようです。

それまで漫画を描いたことが無かった石塚さんが、1年近くで新人コミック大賞に入選だからすごいです。石塚さんの代表作の『岳』と、この『BLUE GIANT』のそれぞれの主人公と、石塚さんは、前向きで楽天的なチャレンジャーな性格が似ている感じがします(笑)。

2.『BLUE GIANT』のあらすじ

仙台市。中学生の時に友人に誘われ入ったライブハウスで、ジャズの熱さ、激しさに打たれて虜になった宮本大(みやもとだい)は、世界一のサックスプレーヤーを目指すことを決意します。高校は3年間はバスケに打ち込みますが、練習の後でも毎日、広瀬川の土手で、我流でサックスの練習をしています。

(「BLUE GIANT」1巻から引用)

父親から高校卒業後の進路を聞かれ「ジャズが好きで…ジャズプレイヤーになりたい・・・」と遠慮がちに答える大に対して、父親は「やれよ。とことん、おもいっきりやれよ」と答えます。

3.みんなが大を応援したくなるが…

私はサックスの音と言われてもピンとこません。また『BLUE GIANT』を漫画読んでいると演奏の音が聞こえてくる!ということはないです(笑)。ただし、大の演奏している画、姿、場面からは、気持ちが伝わってきます。

物語の中でも、粗削りな大の演奏を聞いた友人達は感動し、俺も頑張らなくては!心が揺さぶられてしまいます。もちろん読者の私たちもです。そんな大の演奏を聞き、姿を見ている楽器店の店主は、大にライブハウスで行っているジャズバンドへのサックスプレイヤーとして参加する機会を作ってくれます。

初めて、お客さんの前で演奏することになった大。誰かの前で吹くために、毎日練習してきた、その機会がきたと、全力でサックスを吹くのですが、その音の大きさに・・・

(「BLUE GIANT」1巻から引用)

4.まとめ

はじめての人前の演奏で、お客さんにボロカス言われた大は、一瞬は落ち込みますが、「へでもねいや。」と自分を鼓舞し、また毎日、土手での練習を続けます。そんな大の才能が徐々に開花していくところが、おもいしろいです。

本格的にサックスを教えてくれる先生も現れ、大は世界一のサックスプレイヤーを目指して、花の東京に上京し、物語の後半は東京編となります。

大のひたむきで、まっすぐで楽観的な姿は、読む人を元気にする力があります。仙台、東京での大の頑張りと成長、楽しいです!

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました