中学野球漫画の最高傑作『キャプテン』・愚直な努力でチームを引っ張っていく谷口キャプテンに惹かれます!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回、ご紹介させて頂く漫画は、ちばあきおさんの漫画『キャプテン』です。私の40年以上の漫画愛読歴の中で、野球漫画では、ベスト3に入る名作です。

無料試し読みはこちらをクリック!!

ただし、連載は1970年代と、40年以上も前の漫画です。「そんな古い漫画を、いまさら?」と思うかもしれませんが、40年以上を経過しても、見る人を熱くさせ数年に1回は読み返したくなる、手元に置いておきたい漫画です。

アニメにもなっていて、今でも時々「あれ?再放送されていたんだ…」と、何回も再放送されているので、アニメも未だに根強い人気があるようです。

『キャプテン』の魅力とは? まとめてみました。

スポンサーリンク

1.『キャプテン』の基本情報

著者 ちばあきお
出版社 集英社
連載雑誌 月刊少年ジャンプ(2007年休刊)
掲載期間 1972~1979年
巻数 全26巻(完全版等複数あり)

作者の”ちばあきお”さんは、『明日のジョー』や『あした天気になあれ』『のたり松太郎』など、多くの名作漫画を描かれている”ちばてつや”さんの弟です。あきおさんは、兄てつやさんの漫画の手伝いをしているうちに、漫画を描くようになり、漫画家としてデビューしています。

おきおさんの画は、定規は使わず、フリーハンドで書かれた、一見して弱々しいタッチですが、逆に、その画だからこそなのか、登場人物達のひた向きさが伝わってくるから不思議です。『キャプテン』には、魔球や、スーパースター、天才は登場しません。

2.『キャプテン』のあらすじ

監督も部長もいない、弱小・墨谷二中学野球部に、全日本大会で優勝を続けている名門・青葉学院野球部から、転校生、谷口タカオが入部してきます。

(集英社文庫:キャプテン1巻から引用)

「名門野球部から、なぜ無名の墨谷二中に…?」首をかしげながらも、谷口に過大な期待をかける墨谷二中野球部のメンバーですが、谷口は青葉学院野球部員であったことは事実ですが、実は二軍の補欠だったのです。

部員達の誤解した期待に応えるため、谷口は、父親と深夜の神社で特訓に励みます。

(集英社文庫:キャプテン1巻から引用)

のびのびと野球を楽しめると思い、転校してきた谷口。

特訓の成果は出てきてはいるのですが、急にうまくなるはずはありません。ついにキャプテンに、みんなの誤解を解いてもらうために話を聞いてもらいます。

しかし、影の努力を知っていたキャプテンは、次期キャプテンを谷口に任せるのでした。

(集英社文庫:キャプテン1巻から引用)

3.キャプテン・谷口のチーム運営術

誤解からはじめた努力で、キャプテンを任された谷口。彼のチーム運営は「うまくなるには、勝つためには、練習しかない!」です。単純ですが(笑)これがかなり過酷です。

剣道部から防具を借りてきて、部員達に防具を付けさせて、至近距離から守備練習のノックしていきます。慣れてきたところで、防具を外させてノックを再開。谷口、鬼です(笑)。

(集英社文庫:キャプテン1巻から引用)

部員達は「こんな過激な練習にはついていけない・・・」と、練習後に、谷口の自宅に抗議にいきます。しかし、谷口は家には居なく、母親からは「父親と神社に行っている」と聞き、行ってみると・・・

(集英社文庫:キャプテン1巻から引用)

谷口は、部員達に練習を付けたあと、帰宅後にさらに過激な猛特訓をしているのでした。谷口キャプテンは、態度で引っ張っていく、努力、努力のキャプテンでした。

4.『キャプテン』は、チームマネジメントの漫画です。

谷口キャプテンの率いる墨谷二中野球部が、猛特訓のすえ、強豪校にどこまで喰らいついていくか、それは、本作を読んで楽しんでください。

『キャプテン』のもう1つの面白さは、”谷口タカオ”以降の歴代キャプテンが率いる、墨谷二中野球部が描かれているところです。それぞれのキャプテンについてご紹介してみます。

キャプテン・丸井

尊敬する谷口から、キャプテンを任せられた丸井。初めは、前キャプテンの谷口を尊敬するあまり、チームを混乱させてしまいます。おっちょこちょいで短気で単純。キャプテンとして、人間としての器が小さい丸井ですが、面倒見がいい人情家のキャプテンです。

(集英社文庫:キャプテン3巻から引用)

キャプテン・イガラシ

谷口が3年生の時の1年生。小柄ながら投打に優れた天才肌で、全てのポジションをこなせる万能選手です。
天才肌のくせに努力家。妥協を知らない、他人にも自分にも厳しい、諦めることを知らない頼れるキャプテンです。

イガラシの作った合宿の練習スケジュールは、歴代キャプテンの中でも恐怖の過酷さです。

(集英社文庫:キャプテン6巻から引用)

キャプテン・近藤

谷口から数えて4代目のキャプテン。投手としての素質は抜群ですが、守備ができない欠点が。関西出身で、自信だけはいつも満々。鈍感で大雑把の憎めないキャラクターです。

細かい丸井には随分怒られていました。そんな最もキャプテンに向いていない近藤が、墨谷二中野球部をどう運営していくのか。当初は不安しかないのですが、やらせてみると、結構いいチームをつくっていきます。

5.まとめ

読むときのわくわく感を無くさないために、各キャプテンの戦績などは、書きませんでした。

どこにでもいるような、野球好きな中学生が、一生懸命に努力して、上手くなっていく過程が、丁寧に描かれている漫画です。

どちらかというと、地味なキャラクター達です。ワクワクしながら、努力するを姿を思わず応援したくなる魅力が、世代を超えて楽しめる、キャプテンの良さだと思います。

↓↓試し読みできます↓↓
無料試し読みはこちらをクリック!!

タイトルとURLをコピーしました