剣道漫画の決定版『六三四の剣』 少年マンガに必要な要素が全て詰まった王道漫画ですが、何気にヒロインがいいんです!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は剣道漫画の代表作『六三四の剣』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

今読んでも、まったく古さは感じないダントツの剣道漫画です。

スポンサーリンク

1.『六三四の剣』の基本情報

著者 村上もとか
出版社 小学館
連載雑誌 週刊少年サンデー
掲載期間 1981年~1985年
巻数 全24巻

村上もとかさんは、1972年の漫画家デビューですから超ベテランの漫画家さんです。作品数も多く、代表作は、この『六三四の剣』 と『JIN-仁-』でしょうか。

スポーツものの作品は、表現のうまさが先行してしまって大味に感じる作品が多いですが(失礼ですね)、『六三四の剣』は、主人公の成長、ライバル、親と子、友情、恋愛など全ての要素が詰まった少年漫画の王道をいく作品です。

参考)『JIN-仁-』です。

2.『六三四の剣』あらすじ

岩手県警機動隊所属で「岩手の虎」と評される剣道の達人・夏木栄一郎と、同じく剣道で、元全日本女子を制し「東北の鬼ユリ」と言われた夏木佳代の夫婦に元気な男の子が生まれます。6月3日の4時に生まれたことから、現代の宮本武蔵になれと願いを込めて、六三四と命名されます。

六三四は両親の影響から、3歳から剣道を始めます。町道場に通い始めた六三四の県道修業が始まります。

3.『六三四の剣』は3部構成

アニメの『六三四の剣』は、少年編と青春編に分かれるのですが、漫画では明確に編分けはないですが、私は勝手に「幼年編」「小学編」「高校編」に分かれると思っています。

読んでのお楽しみなので、あまり内容は書きたくないですが、「幼年編」は、六三四の父・栄一郎の死までで、六三四のライバル・東堂修羅の父・東堂国彦と栄一郎の全日本決勝がクライマックスです。尊敬し仲良しの父の死を乗り越える幼い六三四の姿、目頭がぐっときます。

4.魅力的なヒロイン達

『六三四の剣』には魅力的なヒロインが何人か出てきます。1人は、六三四の母・夏木佳代です。栄一郎との出会いの場面や、教師になり女手一つで六三四を育てあげた、気丈で優しい「東北の鬼ユリ」のサイドストリーがいいです。

もう1人は、六三四の小さい頃からの剣友で、試合では取っ組み合いの喧嘩までしていた轟嵐子です。小学生となり、六三四と同じ道場に通うようになり高校も一緒です。剣道の才能は天才的ですが、少々なまけ癖がありのキャラクターが愛らしいです。後半、六三四を意識するようになって…とまさに青春です。

5.まとめ

バスケットボールの漫画では『スラムダンク』を超える漫画は出てこないと言われるように、剣道漫画だと『六三四の剣』を超える漫画は誕生しないと思います。終わり方も続きが読みたいと思わせない納得、大満足のエンディングです。

↓試し読みできます↓
↓↓試し読みできます↓↓

 

なぎなた漫画『あさひなぐ』 ドジで運動音痴の女子高生が薙刀部に入部。繊細で楽しく爽やかなスポ根漫画です!!
いつもありがとうございます。 マンガ大好きユキチです。 今回は、なぎなた漫画『あさひなぐ』を、ご紹介させて頂きます。 はじめ「なぎなた」は、漢字で「薙刀」と書いて問題ないと思っていたのですが、古武道の『薙刀術』、ま...
津軽三味線に賭ける青春漫画『ましろのおと』 青森から上京してきた青年が自分の音を探しながら大人に成長していく物語。
いつもありがとうございます。 マンガ大好きユキチです。 今回は、津軽三味線の演奏に青春をかける青年を描いた漫画『ましろのおと』を、ご紹介させて頂きます。 ピアノやバイオリン、サックスなど、洋楽器を題材にした音楽漫画...
青春書道漫画『ばらかもん』 都会育ちで神経質なイケメン書道家の青年が長崎県・五島列島で田舎にほのぼの成長していく物語。
いつもありがとうございます。 マンガ大好きユキチです。 今回は書道家の青年の成長物語『ばらかもん』を、ご紹介させて頂きます。 書道家の青年の成長物語・・・と書いてしまうと、かなり大ざっぱでした。いい漫画ですのでお付...
タイトルとURLをコピーしました