羽海野チカ『ハチミツとクローバー』のネタバレと感想。美術大学を舞台にした青春物語!あこがれます。

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、羽海野チカさんの漫画『ハチミツとクローバー』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓

羽海野チカさんを、私が知ったのは『3月のライオン』からです。あまり女性作家さんの漫画を手に取ることはないですが、オッサンの私も、すっかり羽海野チカさんの漫画のファンになってしまいました。

スポンサーリンク

1.『ハチミツとクローバー』の基本情報

著者 羽海野チカ
出版社 宝島社→集英社
連載雑誌 CUTiE Comic→ヤングユー→コーラス
掲載期間 2000年~2006年
巻数 全10巻

羽海野さんの初連載作品です。しかし、連載を始めたCUTiE Comicが休刊となり、自分で集英社に、この漫画を持ち込んで、連載が再開されたようです。

羽海野さんは、最近、コロナ予防のために描かれた、『3月のライオン』の川本3姉妹の使った、手を洗おう!イラストが話題です。

3月のライオン
様々な人間が何かを取り戻していく、優しい物語。ヤングアニマルで好評連載中、羽海野チカ『3月のライオン』公式サイト

2.『ハチミツとクローバー』のあらすじ

6畳+台所3畳・フロなしのアパートに暮らす、竹本祐太(19歳)は、美大に通う大学2年生。貧乏学生が住むアパートには、同じ美大の先輩、森田忍(24歳)や真山巧(22歳)も暮らしています。

森田は、時々フラ~と出て行き、数日後、大金を持って帰ってくる謎のアルバイトをしています。留年2回の大学6年生で、誰もが認める才能の持ち主ですが、自己中で我が道をいく変人です。真山は大学4年。竹本が入学するまで、森田にちょっかいをかけられていました。

ある日3人は、美術史の教師・竹本から、従妹の娘、花本はぐみ(18歳)を紹介されます。小柄で、人見知りが激しく、口数も少ないはぐみに、竹本と森田が心惹かれてしまいます…。

(「ハチミツとクローバー」1巻から引用)

3.『ハチミツとクローバー』は青春漫画

誰が主人公と言う訳ではなく、竹本、森田、真山を中心に、はぐみや、真山に思いを寄せる山田あゆみなど、登場人物を一人一人を丁寧に描き、それぞれの友情、恋愛、進路など、悩みながらも前に進んで行かなくてはならない、こそばゆい青春の日々が描かれています。

この『ハチミツとクローバー』は、友達もいなかった、作者・羽海野さんが、「こうだったらよかった」という妄想が元になって生まれた物語と語っていました。確かに、体育会系大学生活を過ごした私から見ても、うらやましい青春です。

4.まとめ

ただ、うらやましいからおすすめではなく、登場人物のキャラがいいです。特に、森田がいいです。はぐみを気になり出し、小学生のようなちょっかいを出すのですが、私生活は謎がかなり多いです。開かずの森田の部屋も、そんな風になっていたのか!と漫画好きには垂涎の部屋でした。

そんな彼らも美大を卒業し、それぞれの人生に向き合っていきます。10巻を読み終わると、彼ら彼女達に逢えなくなる寂しさが襲ってきます・・・。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓
↓↓↓試し読みできます↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました