二ノ宮和子『だめのカンタービレ』 音楽に行き詰まりを感じていたオレ様系イケメン青年と不思議ちゃんの成長物語

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、クラッシック音楽の漫画『のだめカンタービレ』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓

私はいつも時代遅れなのですが、この漫画を読んだのは、世間がドラマで盛り上がってから随分経った、ここ最近です。女性漫画を読む必要を感じてなかったのですが、おもしろい漫画は男女関係ないですね。出会えてよかった!と思えた漫画です。

スポンサーリンク

1.『のだめカンタービレ』の基本情報

著者 二ノ宮知子
出版社 講談社
連載雑誌 Kiss
掲載期間 2001年~2010年
巻数 全25巻

今まで、雑誌・Kissも、作者の二ノ宮さんも知りませんでした。(おじさんなのでご容赦下さい)。しかし、『のだめ』が面白かったので、二ノ宮さんの他の作品も試し読みしてみたのですが、それぞれがまったく違うテーマで、みんなおもしろい!一気に二ノ宮さんのファンになってしまいました。

「おもしろい漫画、最近ないな~」などと言っていた私は、まだまだでした。

2.『のだめカンタービレ』のあらすじ

ピアノ科の音大生・千秋真一は、幼い頃、ピアノ奏者の父親に連れられヨーロッパで暮らしており、憧れの人で、お世話にもなった指揮者・ヴィエラ先生のような指揮者になることを目指しますが、両親の離婚で日本に帰国します。

しかし、成長した真一は、飛行機恐怖症に加え船にも乗れないため、クラシック音楽の本場・ヨーロッパに留学することができず、将来に行き詰まりを感じ、イライラと悩む日々を送っています。ピアノ科の教師に反発した日に、別れた彼女にも「負け犬はきらい」と言われる始末です。

自暴自棄になった真一は、やけ酒を飲み酔っぱらって自宅の前で眠ってしまいます。美しいピアノの音で目を覚ました真一は、ゴミの山と悪臭漂う部屋のなかでピアノを奏でる、野田恵と出会うのでした。

(「のだめカンタービレ」1巻から引用)

3.意味不明な「カンタービレ」

『のだめカンタービレ』…はっきり言って、このタイトルを見ても漫画の中身がまったくわからないことが、私が今まで手に取ることが無かった原因の一つだと思ってます。

主人公は千秋真一と野田恵の二人です。「のだめ」は、野田恵(のだめぐみ)のあだ名です。では「カンタービレ」は何かと言うと、クラシック音楽の音楽用語のようです。”cantabile”と書き、「歌うように」を意味する言葉とのこと。「のだめは、歌うように…」というタイトルですね(笑)。

4.のだめの魅力に夢中です

『のだめカンタービレ』の魅力の1つは、野田恵のキャラクターです。見た目はカワイイ、真一と同じ音大に通うピアノ科の学生で、部屋も真一と同じマンションで隣部屋です。しかし…

・部屋を片づけられず、ゴミだらけ。
・入浴は1日おき、シャンプーは5日おきで、自分は綺麗好きと言っている。
・友人の弁当を勝手に食べてしまう。
・「ぴぎっ」「びぎゃ」「ぷぎゃー」「うきゅっきゅ~」など奇声をあげる。

と、能天気で明るい不思議ちゃんです。そんなのだめは、真一の外見と音楽の才能に惹かれ、綺麗好き、料理上手の真一にまとわりつきます。

5.まとめ

音楽との自分に行き詰まりを感じていた真一ですが、のだめと出会ってから、音楽の楽しさを思い出し、指揮者になる夢に向かって歩き出します。また、のだめもただの不思議ちゃんではなく、歌うように奏でるピアノの才能が開花していきます。

2人の成長も楽しいですが、オーケストラの楽器や奏者など、普段知ることもないクラッシク音楽の世界を楽しく知ることができる漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓試し読みできます↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました