歌舞伎町スカウトサバイバル『新宿スワン』 社会の闇に生きるスカウトマンの世界は好奇心を刺激します!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、夜の街のスカウト達を描いた、和久井健さんの『新宿スワン』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓

小市民の私には、まったく縁がないスカウトの世界と、彼らが生きる社会の闇に、「クズな人達だな…」と思いながらも、読むのが止まらなくなる漫画です。

スポンサーリンク

1.『新宿スワン』の基本情報

著者 和久井健
出版社 講談社
連載雑誌 週刊ヤングマガジン
掲載期間 2005年~2013年
巻数 全38巻

『新宿スワン』は、和久井健さんの連載デビュー作ですが、デビュー作が38巻も続くとはすごいですね。和久井健さんは元スカウトマンだったそうで、実際に体験した出来事をベースに作品を描いたので、読者を飽きさせない話が描けたのでしょう。

物語は、2000年代初頭の東京新宿・歌舞伎町が舞台です。この物語以降の歌舞伎町は、客引きやスカウト行為の禁止、風俗店の摘発や暴力団への規制強化などがあり、だいぶ安全な街に変わっています。

2.『新宿スワン』のあらすじ

白鳥タツヒコ19歳。夢見て東京に出てきましたが、所持金も無くなり、歌舞伎町で夜の男達に絡まれボコボコにされているところを、スカウト会社・バーストの真虎(マコ)に助けらます。

タツヒコは、真虎からスカウトマンになるように誘われますが、女性を、水商売、風俗、AVに紹介して、斡旋料をもらうスカウトマンを、か弱い女性を食いものにする仕事…と、乗り気ではありません。

しかし、真虎から、金のために働かなくてはならないシビアな現実に、ビビっているだけだろうと指摘され、「このままでは止められない」と、スカウトになることを決意します。

歌舞伎町のディープビジネスの世界に飛び込んだタツヒコを待っていたのは、何よりもカネがモノをいう弱肉強食の裏社会でした…。

3.闇の中で明るく生きる主人公に救われる

主人公タツヒコは、スカウトマンになるのですが、不器用で要領は悪く、仕事ができるタイプではありません。ただし、正義感が強く、女性には優しく、真っすぐで明るい猪突猛進型です。

そんなタツヒコですから、女性に騙されたり、仲間に裏切られたり、組織にも切り捨てられたりと、生きているのが奇跡と思われる問題に巻き込まれます。その都度、タツヒコの知らないところで、真虎がフォローをして、タツヒコを助けています。

真虎は、後輩思いのいい先輩と思いきや、何か闇を抱えてそうなんですよね…。

4.タツヒコのモデルはあの武丸

作者、和久井健さんはあるインタビューで、「タツヒコは漫画『疾風伝説 特攻の拓』の一条武丸という最凶ヤンキーがモデル。一重の三白眼が凄くカッコよく、『この目にしよう』と。愛されるキャラにしたかったので、おちゃらけたところや正義感のある性格を加えました」

と話しています。ばーチャンゆずりの天然パーマに金髪であの目つき、今までにいない主人公です。映画化されたときのタツヒコ役は、綾野剛さんが演じていました。カッコ良すぎるのと、迫力が不足だったかな。

参考)武丸です。

5.まとめ

女性を食い物にするスカウトマンの話が面白いのか?と、私もタツヒコ同様に、敬遠していたのですが、好奇心には勝てませんでした。社会の闇に生きる男女の弱肉強食の世界。漫画だから楽しめます。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓
↓↓↓試し読みできます↓↓↓

ヤンキー・タイムトラベル漫画、和久井健『東京卍リベンジャーズ』、元不良が元彼女を助けるため、タイムリープで過去に飛ぶ!
いつもありがとうございます。 マンガ大好きユキチです。 今回は、ヤンキー漫画です。男子は、どうしてもこの分野が好きなんですよね。 ただし、今回は、ただのヤンキー漫画ではなく、「ヤンキー」+「タイムトラベル」漫画、和...
高橋ヒロシ『QP(キューピー)』 暴力に生きるか、堅気になるか、社会に出るヤンキー達の苦悩と決別!
いつもありがとうございます。 マンガ大好きユキチです! 今回はヤンキー漫画です。ヤンキー漫画と言えば、高橋ヒロシさんですね(笑)。『クローズ』『WORST(ワースト)』と続き、この『QP(キューピー)』の3作で、ある意味、高橋さ...
天才殺し屋漫画、南勝久『ザ・ファブル』 大阪で普通の暮らしを始めた殺し屋を巻き込むトラブルの数々!
いつもありがとうございます! マンガ大好きユキチです。 今回は、大阪で休業している殺し屋の漫画『ザ・ファブル』を、ご紹介させていただきます。 天才殺し屋が主人公とくれば、殺しのシーンが多く、読んでいて心がすさんでく...
タイトルとURLをコピーしました