『凪のお暇』仕事も恋も何もかも、お暇(いとま)頂いた、人生リセットコメディ漫画

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、コナリミサトさんの人気漫画『凪のお暇』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

TVドラマは、我が家でも私以外の家族は観ていました(笑)。私は、原作漫画があることを知り、漫画を読んでから!と我慢?してドラマは観ずに、最近やっと漫画を読みました。ドラマ観なくてよかった~と思えた、面白い漫画です!

(別に観てもよかったのですが、先入観なくマンガを楽しみたかったからです)

スポンサーリンク

1.『凪のお暇』の基本情報

著者 コナリミサト
出版社 秋田書店
連載雑誌 Eleganceイブ
掲載期間 2016年~
巻数 既刊7巻

「Eleganceイブ」は、大人の女性の漫画雑誌とのことですが、もちろん私は、まったく読んだことはありません。ですから『凪のお暇』のTVドラマがやってなければ、巡り合うことはなかった漫画かもしれませんね。

コナリミサトさんは、2004年デビューの女性漫画家さんです。もともと、節約ネタを入れる漫画を描きたいと思い、それをやるためにはどんな主人公が良いかなと考えて、主人公の凪が生まれて、そこから色んな設定やストーリーを肉付けして『凪のお暇』が誕生したようです。

2.『凪のお暇』のあらすじ

都心の会社で働く28歳OL、大島凪(なぎ)は、サラサラストレートヘアでおとなしく、日々を平穏無事に過ごすために、常に場の空気を必死に読んで過ごしています。同僚の女性には仕事を押し付けられ、食事会ではネタにされ「何だかなぁ…」と疲弊しています。

唯一の生きがいは「節約」という冴えない暮らしの中で、営業部のエース・我聞慎二と付き合っていることが唯一の自慢できるところです(会社のみんなには内緒にしてますが)。

ある日、会社の休憩室で、慎二が後輩と話しているところに出くわし、凪とは「アッチがいいから付き合ってる」という言葉を聞いてしまい、過呼吸発作を起こして倒れてしまいます。

(「凪のお暇」1巻から引用)

これがきっかけとなり、人生のリセットを決意した凪は会社を辞め、都心2LDKから郊外の6畳1間のアパートへ引っ越し、家具や服も断捨離し、会社の同僚や慎二にも引っ越し先を告げず、連絡も絶って、しばしの”お暇”生活をはじめるのでした…。

3.凪の”お暇”生活

もともと凪は、酷いくせ毛です。毎朝1時間かけてサラサラヘアにしていたのでした。自分を変えたくて、髪も地毛のままで断捨離して新生活に入るのですが、断捨離しすぎです(笑)。

(「凪のお暇」1巻から引用)

もしかしたら、私、早まってしまった?と新生活をはじめる凪ですが、読者は、ここですでに凪が好きになってしまいます。健気で真面目に節約生活をはじめる凪。そんな彼女は、今まで空気を読んで付き合ってきた人達とは違う、本音で話せる人達と出会っていきます。

4.凪のめぐる恋のライバル?

あまりネタバレ無く描きますが、連絡を絶ったはずの元カレ・慎二は、凪の元同僚から住所を聞き出し、凪の元を訪ねてきます。二人の関係がどうなるのか気になりますね。

↓2巻の表紙は凪とその慎二です。

↓↓試し読みできます↓↓

また、凪の引っ越ししたアパートの隣の住人・ゴンちゃんも相当あやしい人です。腕に竜のイレズミを入れているイベントオーガナーザー(企画人)。

↓3巻の表紙はゴンちゃんと凪です。

↓↓試し読みできます↓↓

この2人と凪がどうなっていくのかも、『凪のお暇』のおもしろさの一つです。

5.まとめ

ドラマは終わってしまってますが、漫画の連載はまだ続いています。

お暇を頂いている凪と出会う人達は、みな個性的で魅力のある人ばかりです。しかし、はじめの出会いは、どの人も凪にとって、怪しく、近寄りがたく苦手に思える人達です。初めての友人や、初めての女子飲みに感動しながら、凪と一緒に、やさしいお暇の時間を楽しめる漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました