ヤンキー先生漫画『GTO』、元・湘南最強の暴走族、鬼塚先生が閉塞した教育システムをぶち壊す!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、グレート・ティーチャー・オニヅカ、伝説の教師漫画『GTO』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

説明するまでもないぐらい反町隆史主演のテレビドラマは大ヒットしました。そのドラマも1998年の放送で20年以上も前です(反町隆史はこのドラマの共演がきっかけで、松嶋菜々子と結婚しています)。

その後、2014年には、EXILEのAKIRA主演で、リメイクされたドラマ『GTO』が放送されていますが、若い人には、AKIRAの鬼塚の方がピンとくるのかもしれませんね。

根強い人気の『GTO』、今回、改めて読み返してみましたが、やっぱ、鬼塚英吉はサイコーです!

スポンサーリンク

1.『GTO』の基本情報

著者 藤沢とおる
出版社 講談社
連載雑誌 週刊少年マガジン
掲載期間 1997年~2002年
巻数 全25巻

藤沢とおるさんは1987年漫画家デビューです。『湘南純愛組!』の続編がこの『GTO』となります。続編と言っても、まったく別の物語として楽しめます。

現在、ヤングマガジンで、『GTO』の続編、『GTO パラダイス・ロスト』が連載されていますが、息の長い作品ですね。

2.『GTO』のあらすじ

湘南最強の不良「鬼爆」の鬼塚英吉は、相棒、弾間龍二とともに、高校を中退。グレートな男を目指し、東京に上京します。

(「GTO」1巻から引用)

英吉は、大検(替え玉受験)により大学資格をとり、優羅志亜(ユーラシア)大学に入学。4年生になって就職活動を行いますが、五流大学の金髪姿の反抗的態度で面接全滅、就職先がありません。

社会の現実を突きつけられて、グレートな男になることに、挫けそうになったときに、不純な動機で、教師を目指します。

3.鬼塚英吉の高校時代が『湘南純愛組!』

「鬼爆」の相棒、弾間龍二は、上京したあと、現在はバイクショップの雇われ店長をしています。

高校時代、鬼塚英吉は通称「鬼の英吉」、弾間龍二は「爆弾龍二」と呼ばれ、二人で「鬼爆」と呼ばれて、不良達との激戦を繰り返してきました。その二人の活躍?を描いたのが『湘南純愛組!』となります。

↓↓試し読みできます↓↓

そんな『GTO』の原点となる『湘南純愛組!』がドラマ化され、Amazon Prime Video で放送されるようです。楽しみであり、不安でもあります…。

ドラマ「湘南純愛組!」公式サイト|寛一郎&金子大地出演 Amazon Prime Video オリジナルドラマ
Amazon Prime Videoオリジナルドラマ「湘南純愛組!」2月28日(金)配信決定!青春爆走上等!青春ヤンキー漫画の金字塔が遂にドラマ化!伝説の教師「GTO」鬼塚英吉の原点がここに!

4.『GTO』のおもしろさ

『GTO』の面白さは、何といっても、グレート ティーチャー鬼塚です。喧嘩、体力は最強、破天荒で型破り、スケベだけど未だ童貞です。

不純な動機で教師を目指し、女子高生との妄想を抱いて、教育実習に行った先の教室は、時代錯誤のヤンキー達の集まるクラスでした(笑)。

(「GTO」1巻から引用)

しかし、こんな生徒達も、結局、力技で従わせてしまいます(笑)。

英吉は、不良高校生として、先生や大人達から、クズのように扱われていたこともあり、生徒に対して、対等(もしくはそれ以下)の目線で付き合います。また、大人から押し付けられる常識には従いません。

また『GTO』は、ギャグ漫画と言えるほどの笑いも随所に散りばめられており、この部分は、うまくドラマでは表現できない笑いが多く、漫画独特の楽しさがあります。

5.まとめ

元・不良というか、現役の不良先生として、英吉が、様々な問題を抱える生徒に対して、体当たりでぶつかり、カベをブチ抜いていきます。

笑いあり、時々ホロっとされる場面もあり、読むとスッキリ気持ちいい漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました