原秀則『しょうもない僕らの恋愛論』 優柔不断な中年デザイナーの三角関係!?

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は原秀則さんの恋愛漫画『しょうもない僕らの恋愛論』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

またこの展開か…と思いながらも、読んでしまう原秀則さんの恋愛漫画です。『冬物語』から30年…ほとんど進化していないところが好きです(笑)。

スポンサーリンク

1.『しょうもない僕らの恋愛論』の基本情報

著者 原秀則
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミック
掲載期間 2019年~
巻数 既刊4巻

原秀則さんは、1980年デビューですから、40年間も継続して読まれている漫画家さんです。すごいですね。私は年代的に『冬物語』が原さんのベストだと思ってます。

原さんのもっとも得意とするキャラクターは、煮え切らない、優柔不断な男ですが、この『しょうもない僕らの恋愛論』の主人公も、そんなキャラです(笑)

2.『しょうもない僕らの恋愛論』のあらすじ

デザイン事務所で働く筒見拓郎(つつみたくろう)に、ある日、大学時代の忘れられない思い出の女性、谷村安奈(たにむらあんな)からフェイスブックの友達申請が届きます。「なぜ、今頃…」と、拓郎は二十年前の甘く切ない日々を思い出します。

しかし翌朝、拓郎のもとに安奈の死の知らせが届きます。「昨日、友達申請が来たのに…」動揺を隠せない拓郎でしたが、安奈の葬儀場で1人の女子高生に声をかけられます。彼女の名は谷村くるみ。谷村安奈の娘でした。

それから三ヶ月、拓郎の部屋に谷村くるみが訪ねてきます。母親の遺品整理をしている時に、「筒見拓郎」と書かれた、カセットテープが出てきたとのこと。学生時代、拓郎は、楽しそうにピアノを弾いている安奈に声をかけ、一緒にバンドを組んでいたのでした…。

3.優柔不断なのにモテる主人公。デジャブか?(笑)

主な登場人物は4人です。漫画を読む楽しさを損わないようにさらっと説明します。

筒見拓郎

40代前半。独身。デザイン会社に勤めているが、自分のデザインよりも、会社からは新人育成を期待されており、デザイナーとしての身の振り方に悩んでいる。

谷村くるみ

谷村安奈の娘。高校生。喫茶店を営む祖母と二人で暮らしている。母親が思いを寄せていたかもしれない拓郎に興味あり。実は、ファイスブックの友達申請は、くるみでした。

森田絵里

拓郎の高校の同級生。独身。大手スーパー・リオンの課長。拓郎の飲み友達?

小椋悠

くるみの同級生の高校生。成績優秀。くるみに思いを寄せている。

4.まとめ

登場人物を紹介してしまって恋愛漫画とくれば、ある程度展開は読めてしまいますね(笑)。それでも、楽しいのが原秀則さんの恋愛漫画です。

読者は、登場人物の誰かに肩入れして、応援したくなると思います。私も、お気に入りの娘が幸せになってくれればいいなぁと思いました。拓郎じゃまするなよ。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました