上戸彩、武田鉄矢、絶賛!歴史漫画『颯汰の国(そうたのくに)』 名もなき勇者・颯汰が徳川幕府に立ち向かう!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、小山ゆうさんの時代劇漫画『颯汰の国(そうたのくに)』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

小山ゆうさんは、昔から歴史、時代劇漫画を描いてきましたが、最近では『あずみ』が大ヒットしました。『お~い!竜馬』もですが、権力に立ち向かう若者の姿を描くのがうまいです。

スポンサーリンク

1.『颯汰の国』の基本情報

著者 小山ゆう
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミック
掲載期間 2019年~
巻数 既刊3巻

小山ゆうさんは、1948年生まれですから、現在71歳。まさに生涯現役の漫画家さんです。

小山さんのどこかのインタビューで、理想の男は、『お~い!竜馬』で描いてしまったから、次は女性でいこうと『あずみ』を描いたと言っておられました。と言うことは、竜馬を超える男を描こうとしているのか、期待が膨らみますね。

2.『颯汰の国』のあらすじ

江戸時代初期、徳川幕府は、日本全土を支配下に置き、反乱の芽が二度と育たないように、少しでの意にそぐわない大名は、容赦なく改易(取り潰し)し、おびただしい数の大名が改易をされていた時代です。

漫画の最初にすでに、物語の概要が書かれてしまっていますので引用します。

そんな時代、改易という憂き目に遭っても、徳川幕府に抵抗し、同志達とともに、独立国家ともいえる自由の領地(くに)を勝ち取り、幕府に立ち向かった男がいた!

この男が、主人公、颯汰です。颯汰は、物心ついたときには両親は亡く、寺の和尚に大切に、厳しく育てられているところから物語は始まります。

3.江戸時代の改易とは?

改易という言葉は、昔からあったようですが、普通は江戸時代の改易が語られることが多いです。

改易は、江戸幕府の安泰のために、大名を無力化するのが主な目的です。改易を言い渡された大名は、基本、大名自身は切腹となり、城と領地は幕府に没収されます。大名の家族達は、配流地に移送され、家臣達は、雇い主を失い浪人となります。

没収された領地は、江戸幕府の直轄地(天領)になったり、徳川家の息のかかった大名を移転させたり、基本、徳川家のものになります。完全支配体制ですね。

4.まとめ

颯汰のすむ領地の大名も改易の処分をうけるのですが、そこから、颯汰達が、巨大な江戸幕府に立ち向かいながら、自分達の独立国家を作っていくところが描かれていきます。物語は颯汰の出生の謎も大きく関わってきそうです。

舞台は伊豆地方となっていましたので、現実に、そんなモデルがあったのか調べてみたのですが、徳川家にとって不都合な歴史だったのか、記録に残っていませんでした(笑)。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました