落ちこぼれ球児の根性『名門!第三野球部』 三軍の野球部員達が一軍に下剋上、読むと元気になる野球漫画!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、落ちこぼれの高校球児達が努力、根性で強くなっていく野球漫画『名門!第三野球部』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

タイトルが何とも俊逸です。第三野球部?もしかしたら、『コータローまかりとおる!』の超マンモス私立高、鶴ヶ峰学園の野球部か?とは、思わないですよね(笑)。

※鶴ヶ峰学園は、生徒数2万人のため、一競技に複数部が存在します。

スポンサーリンク

1.『名門!第三野球部』の基本情報

著者 むつ利之
出版社 講談社
連載雑誌 週刊少年マガジン
掲載期間 1987年~1993年
巻数 全31巻

作者のむつ利之さんは、1955年生まれで、1979年デビューですから、もうだいぶベテランの漫画家さんです。2008年に『復活!第三野球部』の連載が終わってから、発表した漫画もなく、消息不明です…。

そんな、むつ利之さんの代表作が、この『名門!第三野球部』となります。

2.『名門!第三野球部』のあらすじ

主人公、檜あすなろは高校1年生。いつも誰かにイジメられて泣いています。そんなあすなろにも、1つだけ好きなものあります。それが野球です。

あすなろの桜高校野球部は、県下有数の強豪チームです。あすなろは、その強豪チームの二軍にもなれない、落ちこぼれ集団の三軍、第三野球部に所属しています。第三野球部は、一軍にバカにされながらも、野球が好きだから…と、草むしりや洗濯などの雑用をしているのですが、監督やレギュラーからは、クズあつかいされています。

(「名門!第三野球部」1巻から引用)

ある日、監督から、一ヶ月後に第三野球部の解散を告げられます。第三野球部員たちは、「野球をするために入部してきたのだから、一度でいいから試合をさせてくれ!」と監督に訴え、勝ったら第三野球部が一軍になるという約束までとりつけ、試合に向け、猛練習に励みます・・・。

3.落ちこぼれ達が自信をつけていく過程がおもしろい

『名門!第三野球部』のおもしろさは、自分達に自信が持てなかった第三野球部員達が、猛練習の末、少しづつ自身をつけてくるところです。

あすなろは、監督をぶん殴って、第三野球部に降格してきた、元一軍の四番打者、海堂タケシに、指導を懇願します。初めは渋っていた海堂も、あすなろの熱意に、一緒に打倒一軍に向け、猛練習に励みます。

次第に、クズと言われていた第三野球部のみんなの顔つきが、変わってくるのですが、特にあすなろは、別人か?と思えるほどのポジティブになってきます。しかし、時たま、弱気にもどり、ピンチを招くのですが、仲間達に支えられ成長していきます。

(「名門!第三野球部」1巻から引用)

4.『第三野球部は』は、プロ野球、さらに先まで続く

第三野球部は、高校野球で活躍するのですが、登場人物の実力者たちは、高校を卒業し、大学野球や、プロ野球を舞台に活躍する姿も描かれています。

単行本では、22巻以降が「飛翔編」として、あすなろが、プロの世界で奮闘する姿が描かれています。実はその先には、『復活!第三野球部』もあります!

↓↓試し読みできます↓↓

5.まとめ

弱小野球部が強くなっていく、ある意味、パターン化された王道の野球漫画なのですが、なぜか?おもしろいです。むつ利之さんの画によるところは大きいですが、登場人物達が、弱く、人間的に描がかれているからでしょうか。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました