福本伸行『最強伝説 黒沢』 小心者で不器用、冴えない中年男の奮闘する姿に共感!!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回に、福本伸行さんの『最強伝説 黒沢』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

この『最強伝説 黒沢』ですが、おそらく、主人公の黒沢と同じ、中年男は共感できると思います。しかし、女性には、まったく理解が得られない漫画だと思います(笑)。

スポンサーリンク

1.『最強伝説 黒沢』の基本情報

著者 福本伸行
出版社 小学館
連載雑誌 ビッグコミックオリジナル
掲載期間 2002年~2006年
巻数 全11巻

漫画家、福本伸行さんは『賭博黙示録カイジ』や『アカギ』のように、ギャンブル漫画の第一人者なのですが、この『最強伝説 黒沢』は、珍しく、ギャンブル要素のまったくない漫画です。

当初、現代の宮本武蔵のような、最強の男を描くつもりで、最強伝説とタイトルを付けたようですが、ちょっと違った、最強の男が出来上がってしまったようです・・・。

2.『最強伝説 黒沢』のあらすじ

穴平建設に勤務する現場監督の黒沢は、44歳で独身です。職場の仲間達と、サッカーの日本代表戦を飲みながら観戦しているのですが、その時、唐突にわかってしまいます。周りと一緒に盛り上がっていながら、胸の内は冷めていき、「感動などない!」と、いうことに・・・。

黒沢が求めていたのは、「オレの鼓動」「オレの歓喜」「オレの、オレによる、オレのだけの感動だったはずだ!」と、そして、いつまでもこんなことを続けるのかと、自問自答してしまいます。そこから、黒沢が自分の人生を、変えていこうと奮闘する物語が始まります。

3.自問自答し、行動する黒沢に憧れる

『最強伝説 黒沢』は、主人公・黒沢が、自分自動しながら、もだえ苦しみ、それでも何かを変えていこうと行動することで、周りを巻き込んでいく姿が感動を呼び起こします。

現状に流された結果の40代、「このままではダメだ・・・」と思いながら、転職にも踏みきれず、というか、転職するほどのスキル、経験も積んでいないことに気が付き、悶えながら、目の前の日々の仕事をこなす・・・「黒沢は、オレだ・・・」と、読者は、感情移入してしまいます。

4.まとめ

小心者で妄想を繰り返していた黒沢が、中盤から、突拍子もない行動に出てきます。全11巻は、変わっていく黒沢をみるのに、丁度いい長さです。

自分の人生を、自分のものにしていくために行動を起こした黒沢、読む人を元気にさせてくれる漫画です。

↓↓試し読みできます↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました