日経・仕事漫画ランキング1位『重版出来!』 熱血女性マンガ編集者の成長を描くリアルな漫画業界漫画

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、熱血新人女性マンガ編集者を描いた『重版出来!』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

2016年に黒木華さん主演で、テレビドラマ化もされました。

漫画のタイトル「重版出来!」、私は「じゅうはんでき!」と読んでしまったのですが、「じゅうはんしゅったい!」と読みます。出版の業界用語で、初版が売れて、さらに増刷することを言うようです。

スポンサーリンク

1.『重版出来!』の基本情報

著者 松田奈緒子
出版社 小学館
連載雑誌 月刊!スピリッツ
掲載期間 2012年~
巻数 既刊14巻

女性漫画家さんのマンガは、ちょっと画が苦手で、なかなか手が出ないのは、私のダメなところです。この『重版出来!』もドラマを見て、面白さを知り、漫画を読んだという、お恥ずかしいマンガ好きです。

2.『重版出来!』のあらすじ

子供の頃から柔道に打ち込んできた主人公・黒沢心(くろさわ こころ)は、日体々大学の女子柔道部員です。オリンピックで金メダルを取ることを目標に頑張ってきたのですが、ケガのため柔道を諦めて、就職活動をはじめます。

大手出版社の就職試験の最終面接で、出版業界への志望動機を聞かれ、「子どものころに読んだ漫画『柔道部物語』に憧れて柔道を始め、苦しい練習も、漫画を読んで元気をもらってきた。読む人をワクワクさせる漫画作りに参加したい」と熱意を語り、採用されます。

黒沢心は、入社後、週刊コミック誌『バイブス』編集部に配属されます。新人編集者として歩き出す心。体育会女子の体力と、めげない、まっすぐな姿勢で、魑魅魍魎うごめくマンガ業界で闘っていきます。

3.主人公・黒沢心の名前は『最強伝説黒沢』から!?

作者の松田さんは、インタビューで、主人公、黒沢心の名前は、『最強伝説黒沢』からとったと言っておりました。福本伸行さんの人気漫画『最強伝説黒沢』の内容、主人公と、『重版出来!』の中身の関連性は、ほぼゼロですが、おもしろいです。

↓↓試し読みできます↓↓
また、漫画の中で、他の漫画(柔道部物語)が出てくる場面は面白いです。

(「重版出立!」1巻から引用」

参考)ラグビー漫画『ALL OUT!!』では、高校生が合宿所で『1・2の三四郎』を読んでいました(笑)。

4.『重版出立!』と『編集王』

マンガの編集者を主人公とした漫画は、そう多くないのですが、私はいままで、マンガ編集者漫画では、土田世紀さんの『編集王』押しだったのですが、『重版出来!』を読んでからは、『重版出来!』押しに変わりました。(土田さん漫画は変わらずすきです)

の方が良くできています。漫画家と編集者だけではなく、出版社の営業や、書店員、デザイナー、校正など、漫画業界に関わる人達も登場し、漫画を取り巻く、リアルな仕事風景が描かれています。

5.まとめ

クセの強い編集者、漫画家を目指しているアシスタント、消えた漫画家とその家族など、登場人物達の物語が、一人づつ丁寧に描かれていますが、まだまだ、あの人の背景が知りたいと思える人が多く残っていて楽しみです。

月刊誌の連載なので、年2巻ほどのスピードですので、ゆっくり長く楽しみたい漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました