二ノ宮知子『GREEN』 のだめがここにいた!農村が舞台の楽しいラブコメ漫画です。

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、二ノ宮知子さんの漫画『GREEN』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓

副題は「農家のヨメになりたい」とありますが、主人公が農家の嫁をめざす、ほんわかと笑える楽しいコメディー漫画です。

『のだめカンタービレ』を読んで、二ノ宮知子さんを知って、この『GREEN』を読みました。積極的に女性の漫画家さんの本を読むことはないですが、面白い作品は男女関係ないですね。二ノ宮さんの他の作品も今読んでいます(笑)。

スポンサーリンク

1.『GREEN』の基本情報

著者 二ノ宮知子
出版社 講談社
連載雑誌 Kiss Carnival
掲載期間 1999年~2001年
巻数 全4巻

お恥ずかしながら、「Kiss Carnival」という雑誌、見たことなかったです…。まあ女性漫画雑誌ですからしょうがないです。

二ノ宮さんは、1969年生まれ。1989年漫画家デビューですから、ベテラン漫画家さんです。埼玉県の秩父出身で、周りに農家が多かったことと、家庭菜園をされていることもあって、この『GRENN』を思いついたのかもしれませんね。

2.『GREEN』のあらすじ

友人と秩父の山にキャンプきていた和子(ワコ)は、山でケガをしているおばあさん出会い、そのおばあちゃんの孫の青年を、理想の王子様だ!と、一目ぼれしてしまいます。

その青年・誠(マコト)は、農家の跡継ぎ息子。誠が、おばあちゃんのケガで、人手不足になると困っていることを知った和子は、半ば強引に農業の手伝い始めます。東京在住の調理師専門学校生の和子は、学校はそっちのけで、1週間住み込みで働くことになります。

しかし、誠目当ての不純な動機で農業を手伝うことになった和子は、誠やおばあちゃん、近所の農家の人々巻き込んで、騒動を引き起こします。はたして、和子と誠は結ばれるのでしょうか…。

3.のだめはこの娘だ!

先に書いたのですが、私は『のだめカンタービレ』を読んでから、この『GREEN』を読みました。

『GREEN』を読んで、はじめに感じたことは、「のだめがいた!」です。連載順は『のだめ』のが後ですが、『GREEN』の主人公・和子は、『のだめ』の主人公・のだめ(野田恵)の原型です。大雑把で、思い込みが激しく、楽観的で愛らしい。『GREEN』は、ほぼ和子の漫画です。

4.おすすめの農業小説3選

農業漫画は、あまり出会ったことがないですが、農業をテーマにした小説は幾つも読んでいます。その中で、娯楽小説として、マンガ的に楽しめるものを3冊、ご紹介させて頂きます。

『幸せの条件』 誉田哲也

片山製作所勤務の「役立たずOL」梢恵に、ある日まさかの社命が下された。単身長野に赴き、新燃料・バイオエタノール用のコメを作れる農家を探してこい。行く先々で断られ、なりゆきで農業見習いを始めた24歳に勝算はあるか!?

 

『限界集落株式会社』 黒野伸一

起業のためにIT企業を辞職した多岐川優が、人生の休息で訪れた故郷は、限界集落と言われる過疎・高齢化のため社会的な共同生活の維持が困難な土地だった。優は、村の人たちと交流するうちに、集落の農業経営を担うことになった。

現代の農業や地方集落が抱える様々な課題、抵抗勢力と格闘し、限界集落を再生しようとするのだが…。集落の消滅を憂う老人達、零細農家の父親と娘、田舎に逃げてきた若者。かつての負け組が立ち上がる!過疎・高齢化・雇用問題・食糧自給率、日本に山積する社会不安を一掃する逆転満塁ホームランの地域活性エンタテインメント。

 

『農ガール、農ライフ』 垣谷美雨

水沢久美子は派遣切りに遭った日、同棲相手から突然「結婚したい人がいるから出ていってくれ」と告げられる。仕事も家も彼氏も失った三十二歳の春。失意のどん底にいたとき偶然目にした「農業女子特集」というTV番組に釘付けになる。

「農業だ!」運命を感じた久美子は早速、田舎に引っ越し農業大学へ入学することを決意。明るい農村ライフが待っていると信じていたが…!?

5.まとめ

マンガを読んで、明るくなりたい、楽しくなりたい人におすすめです。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓試し読みできます↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました