望月ミネタロウ『ちいさこべえ』 不器用に生きる人々の意地と人情に爽快に感動します。画もうまい!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、望月ミネタロウさんの漫画『ちいさこべえ』を、ご紹介させていただきます。

↓↓試し読みできます↓↓

原作は、時代劇小説家・山本周五郎さんの短編『ちいさこべえ』です。読む前は、タイトルから内容がまったくわからない漫画でした(笑)。

スポンサーリンク

1.『ちいさこべえ』の基本情報

著者 原作:山本周五郎、作画:望月ミネタロウ
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミックスピリッツ
掲載期間 2012年~2015年
巻数 全4巻

山本周五郎さんの原作『ちいさこべえ』の舞台は江戸時代です。望月さんは、物語はほぼ山本周五郎さんのオリジナルのまま、時代設定を現代と名作小説を漫画で再現しています。

私は、漫画を読んだ後に、原作の『ちいさこべえ』を読んだのですが、グッくる場面は、原作も漫画も一緒で、どちらも同じくらい感動しました。

2.『ちいさこべえ』のあらすじ

工務店「大留」の茂次(しげじ)は、有名大学の建築学科を卒業後、世界を放浪した後に、実家の「大留」の若棟梁をしています。泊まりで仕事をしていた鎌倉の現場で、東京の大留工務店が火事で焼け、父と母が亡くなったと知らされます。

茂次は、「どんなに時代が変わっても、人に大切なものは、人情と意地だぜ」という父・留造の言葉を胸に、大留の再建を誓い、自分は鎌倉に残り仕事を続け、大工の大(まさる)に後始末を任せ、東京に行かせます。

工務店や工房は焼けてしまいましたが、茂次の自宅は無事で、大は、そこに焼け出された住み込みの弟子達を住まわせ、世話をするため、住み込みのお手伝いとして、りつを雇います。

茂次が鎌倉の現場を完成させ、自宅に帰ると、りつが、福祉施設も焼けて、行き場を失った子供達を引き取り面倒をみているのでした。さて、茂次はどうするのでしょうか…。

3.そもそも「ちいさこべえ」の意味は?

そもそも「ちいさこべえ」の意味が分からなかったのですが、この言葉の説明は、物語の中に出てきます。もともとは、日本書紀に出てくる天皇の家臣、少子部蜾蠃(ちいさこべのすがる)のことのようです。

すがるは天皇に「蚕(こ)を集めてまいれ」と言われ、国じゅうから大勢の児(こ・赤ちゃん)を集めてしまいます。天皇は「蚕(こ)と児(こ)を間違えたぞ」と大笑し、その子達を養育せよと命じ、すがるに「小子部(ちいさこべ)」という姓を与えます。

りつが引き取り育てている子供は、原作では江戸の大火事で孤児となった13人ですが、漫画では5人となっています。

4.『ちいさこべえ』原作と漫画の違いは上手い絵!

私は、漫画を読んだ後に、山本周五郎さんの『ちいさこべえ』も読んだのですが、漫画と同じ(逆ですが)感動する短編小説でした。小説を読むと、望月さんが、どこを現代風にアレンジしたのか、わかり面白いです。

原作と漫画の大きな違いは、望月ミネタロウさんの画です。うまいのはもちろんですが、画にしたおかげで、例えば、りつの印象は結構変わります。原作は勝気なところが目立ってしまうのですが、漫画にすると、勝気でもカドが取れ、愛らしい女性になっています。

5.まとめ

『ちいさこべえ』は、望月ミネタロウさん初の原作つきの漫画です。望月さんの希望で、編集の人に「和風・職人物・人情・家族」でリクエストをして、山本周五郎さんの「ちいさこべえ」が、ピッタリとなったとのことです。

望月さんはインタビューで、「淡々とした物語だからこそ、登場人物が実際に存在して、ちゃんと生活している様が伝わるような細かな描写を大切にしよう」と描いたと語っています。人と人の繋がりを描いた傑作です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました