漫画『デスノート』 名前を書くだけで人を殺せる死神のノートを拾ったらどうします?

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、大ヒットした名作漫画『デスノート』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓

あまりにも有名な漫画ですよね。まだ読んだことがない人向けに、極小ネタバレでまとめてみます。

スポンサーリンク

1.『デスノート』の基本情報

著者 原作:大場つぐみ、作画:小畑健
出版社 集英社
連載雑誌 週刊少年チャンプ
掲載期間 2003年~2006年
巻数 全12巻

小畑健さんは『ヒカルの碁』 の連載の後すぐに、大場つぐみさん組んで、この『デスノート』、つづけて『バクマン』をヒットをさせています。現在も、少年ジャンプに『プラチナエンド』を連載中で、絵は誰が見てもうまいです。

大場つぐみさんは、経歴不明の原作者ですが、その正体に興味ある方は、以前まとめた『バクマン』を、ご参照下さい。

2.『デスノート』のあらすじ

死神界のリュークが、退屈を紛らわすため、人間界にデスノートを落としたことから物語が始まります。

八神月(やがみライト・17歳)は、高校の校庭に落ちている奇妙な黒いノートを拾います。表紙は、”DEATH NOTE”と書かれています。英語で書かれている使い方の書き出しには・・・

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない。

ゆえに同姓同名の人物に効果は得られない。

・・・・・・

3.新世界の神を目指すライト

はじめは、不幸の手紙のような、誰かの悪ふざけと決めつけていたライトですが、保育園に立てこもっている凶悪犯の写真をテレビで見て、デスノートに名前を書いたところ、凶悪犯は心臓麻痺で死亡します。他にもいろいろ試して、デスノートを信じ始めたライト。

そんなライトの前に、死神リュークが現れます。
※死神リュークです。
※死神リューク

しかし、ライトは、リュークの姿を見ても驚かずに、デスノートを使って、悪人を殺し、真面目で心の優しい人間だけの世界をつくり、その新世界の神を目指すとリュークに宣言します。

・・・そう考えるか。私もそうするかもしれませんが、神とは言わないですね(笑)。

4.立ち向かう天才・名探偵L(エル)

刑務所の犯罪者や指名手配犯が、次々と世界中で死んでいきます。そんな状況になってやっと、ICPO(国際刑事警察機構)が調査を始めます。死因がすべて原因不明の心臓発作で、これは殺人なのか?と、ICPOの捜査は暗礁に乗り上げ、これまで、数々の難事件を解決してきた、謎の人物L(エル)に捜査を頼みます。

※L(エル)です。
↓↓↓試し読みできます↓↓↓

5.まとめ

『デスノート』の面白さは、L(エル)とライトの頭脳戦の対決です。世界の警察を動かせる天才・探偵Lは、誰も気が付かない凶悪犯殺害の状況から犯人を絞り込みます。Lの捜査の網が絞り込まれる中、秀才・ライトも反撃にでます。

”DEATH NOTE”の他の使い方や、それぞれの仲間達も現れ、面白さが12巻に凝縮されています。一気読み必至の名作漫画です。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓
↓↓↓試し読みできます↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました