『九龍ジェネリックロマンス』 東洋の魔窟・九龍城砦の大人のラブロマンス。魅力的な世界感、多くの伏線と謎に引き込まれます!。

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、ミステリアスな大人の恋を描いた『九龍ジェネリックロマンス』をご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

大人の恋ですが、どぎついHなシーンはないです(笑)。登場人物の仕草や会話、独特な雰囲気に時間感覚を失い、続きを読んでしまう漫画です。

スポンサーリンク

1.『九龍ジェネリックロマンス』の基本情報

著者 眉月じゅん
出版社 集英社
連載雑誌 週刊ヤングジャンプ
掲載期間 2019年~
巻数 既刊4巻

眉月(まゆづき)じゅんさんは、2008年デビューの女性漫画家さんです。私にとっては初の眉月さんですが、前作『恋は雨上がりのように 』はアニメや実写映画になるほどヒットしたようです(今度、読んでみます!)。
眉月さんはインタビューで「キャラたちの日常を、丁寧に説得力あるように描くことが理想」と言ってます。『九龍ジェネリックロマンス』はその丁寧さが読者の心に沁み込んでいきますが、逆に、展開が遅い、もったいつけていると感じる人もいると思います。

タイトルのジェネリックは、「一般的」や「汎用的」といった意味ですが、最近はジェネリック薬などと使われます。タイトルの意味は、まだまだ、ぼんやりとしています。

2.『九龍ジェネリックロマンス』のあらすじ

九龍城砦(クーロンジョウサイ)の不動産屋・旺来地產公司に勤める鯨井令子。ベランダでタバコを吸いながらスイカを食べるのが好きな32歳です。令子は、がさつだが思いやりのある同僚・工藤に魅かれています。

ある時、玲子と工藤は仕事帰りに屋台で夕食をとった後、工藤の行きつけの金魚茶館という喫茶店に入ります。帰りぎわに玲子は、店長から「工藤さんが、また彼女さんを連れてきてくれて嬉しいです。また来てくださいね」と言われます。

工藤が気になる玲子は、仕事中偶然に、ちらかし放題の工藤の机から、工藤ともう一人の女性が、二人で写る写真を見つけます。その写真の工藤の横には、自分とそっくりの女性が、笑顔で写っているのでした…。

3.九龍城塞とは何か?

『九龍ジェネリックロマンス』の舞台の九龍城塞は、1993年に解体された、香港の九龍城地区に造られた巨大なスラム街を言い、九龍城とも呼ばれていました。イギリスが清国から租借した香港にあって、租借から除外されて清国の飛び地となっていたため、中国の政変後は、どこにも属さない=法律が届かない無法地帯となり、住民達が違法建築で増築した高層スラム街となっていました。

※九龍城関係本
※九龍城関係本

『九龍ジェネリックロマンス』の中の九竜城塞は、何となく再建されたものだとわかってきます。上空にはジェネリックス地球(テラ)が建造されており、時代背景は現在より技術の進んだちょっと未来の物語とわかってきます。

4.ちょっとずつ歪み始める日常

物語の始まりは会社の同僚に魅かれるちょっと大人女性のラブロマンス的はじまりですが、少しずつ、何気ない日常がほころんできます。

工藤と一緒に写真に写っていた自分そっくりな女性は誰なのか?また玲子は、自分が過去の記憶を持っていないことにも気がつきます。いったい自分は誰なのか?知ってしまうと今の幸せな日常が壊れてしまうのでは?と危惧しています。

5.まとめ

まだ4巻で、徐々に出てきた謎はさらに深まっていくばかりです。スピード感や刺激を求める人には向いてないですが、ゆっくり丁寧に漫画を楽しみたい人向けだと思います。
↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました