奥浩哉『GIGANT(ギガント)』 異常気象、超常現象に襲われた世界、未来は巨乳のAV嬢に託された!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、奥浩哉(おくひろや)さんの『GIGANT(ギガント)』を、ご紹介させていただきます。

前々作が、名作『GANTZ(ガンツ)』ですから、同じG始まりで、もしかしたら奥さんなりの意味があるかも?と勘ぐってしまいます(笑)。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓

ギガントという言葉を調べてみますと、”ギリシア神話に登場する巨人族”とのことですから、この巨人族からきているようです。

私は、好きなアニメ『未来少年コナン』の最後に出ている空中要塞を思い出しました。

参考)未来少年コナンのギガント(笑)

スポンサーリンク

1.『GIGANT(ギガント)』の基本情報

著者 奥浩哉
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミックスペリオール
掲載期間 2018年~連載中
巻数 既刊5巻

奥さんは、デビュー作の『変』から集英社で連載を続けていましたが、前作『いぬやしき』は講談社、今回『GIGANT』は小学館と、連載場所を変えて作品を発表しています。環境を変える、脱マンネリは、ファンとしては歓迎ですね。

奥さんは、巨乳好きとして有名ですが、今回の作品『GIGANT』も、主役の女性は巨乳です!

2.『GIGANT(ギガント)』のあらすじ

映画監督志望の高校生、16歳の横山田零(よこやまだ れい)が、ある日、町で目にしたのは、大ファンのAV女優「パピコ」を中傷する張り紙でした。深夜、家を飛び出し、張り紙をはがしてまわる零に、声をかけた女性は「パピコ」その人でした。

急速に親しくなる二人。しかし、天変地異が続き、世界はトンデモない危機に直面していきます。

3.AV女優と普通の高校生の恋

物語は、AV女優「パピコ」と零の恋を軸に始まります。ヒロインがAV女優という驚きの設定なのですが、「パピコ」の生い立ちもわかってきて、AV女優と普通の高校生の恋も違和感なく、逆に「2人で幸せになってくれ…」と応援したくなってきます。

と言っても、ホントしょうもないシーンもあります(笑)。

(GIGANT2巻から引用)

4.デスノートのような掲示板サイトの謎

なぜ超常現象が起こるのか?その原因は、謎の掲示板サイト「ETE」にあるようです。「ETE」で提案された案が、サイト閲覧者の多数決によって可決されたものが、現実となり、世界に天変地異を引き起こしているようです。

もしかしたらこのサイトは、今流行りのAI暴走ものを取り入れたかもしれませんが、私は、どちらかというと、名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を思い起こしました。

5.まとめ

世界各地で天変地異を起こしているものは何なのか? やっと物語はSFの世界に入っていきます。エロや恋バナなんてどうでもいいと思っている人は、3巻ぐらいから話が面白くなってくると思います。

『GANTZ』で、カッコイイ未来のアイテムは描き切っていると思いますので、この『GIGANT』では、想像できない展開や、どんでん返しなど、わくわくする物語を期待したいですね。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました