漫画『新世紀エヴァンゲリオン』 テーマ曲「残酷な天使のテーゼ」しか知らない人におすすめです!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、漫画『新世紀エヴァンゲリオン』を、ご紹介させていただきます。

↓↓試し読みできます↓↓

いまさらのエヴァンゲリオンです。テーマ曲「残酷な天使のテーゼ」は、何度もテレビで聞いていますが、実は私、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』は見たことがなく、物語の内容を、20年以上ず~と知りませんでした。この漫画を読んで、やっとエヴァンゲリオンの世界を知ることができました(笑)。

スポンサーリンク

1.『新世紀エヴァンゲリオン』の基本情報

著者 原作:カラー(庵野秀明)、作画:貞本義行
出版社 角川書店
連載雑誌 月刊少年エース → ヤングエース
掲載期間 1994年~2013年
巻数 全14巻

原作のカラーって何?と調べたら、㈱カラーでアニメ作成会社でした。もともと『新世紀エヴァンゲリオン』は、㈱GAINAXが作成し、1995年にテレビ放送されています。監督は庵野秀明さん。庵野さんが、独立して設立した会社が㈱カラーです。作画担当の貞本義行さんはアニメーターであり、漫画家でもあります。

漫画版『新世紀エヴァンゲリオン』は、原作漫画ではなく、アニメ版や劇場版の「新世紀エヴァンゲリオン」を漫画化した作品のようです。

2.『新世紀エヴァンゲリオン』のあらすじ

時は2015年。15年前の西暦2000年に南極に巨大隕石が落下、未曾有の大災害「セカンド・インパクト」が起こり、水面上昇などの天変地異、その後の紛争などから世界の人口は半分に激減。そこから、奇跡的に復興を遂げている世界。

主人公・碇(いかり)シンジは、3年会っていない父親から連絡があり、迎えの人と待ち合わせをしています。その時、街に正体不明の巨大な物体が飛来し、国連軍のミサイル攻撃がはじまります。正体不明の敵は「使徒」と呼ばれ、軍の攻撃はまったく効きません。

攻撃に巻き込まれたシンジは、危ういところを、人型兵器「エヴァンゲリオン」に助けら、国連特務機関ネルフの地下基地に連れてこられます。その時、エヴァンゲリオン初号機に乗っていたパイロット・綾波(あやなみ)レイが重傷を負って回収されてきます。

(「新世紀エヴァンゲリオン」1巻から引用)

シンジの父・碇ゲンドウは、ネルフの司令官で、久しぶりに会った、シンジに対して、エヴァンゲリオン初号機に乗り、使徒と闘うことを命じます…。

3.「ファースト・インパクト」は何か?

あまりネタバレしてしまうと漫画が面白くないので、ここまでにしておきます。

漫画を読んでいて、すぐに気になった点は、巨大隕石落下が「セカンド・インパクト」と呼ばれているところです。

では「ファースト・インパクト」はあったのか?と、物語の中では、あまり明確に説明はないですが、どうやら、45億年前の原始地球に、火星サイズの惑星が衝突して、その時の破片が月になったという衝突が「ファースト・インパクト」となっているようです。

この「ファースト・インパクト」は、実際に「ジャイアント・インパクト説」と呼ばれ、月の誕生説の1つになっています。

4.2021年1月、映画『シン・エヴァンゲリオン』公開

驚きのニュースだったのですが、2021年1月に『シン・エヴァンゲリオン』が公開されます。この「シン」の使い方、あの「シン・ゴジラ」と一緒です。まぁ総監督は同じ、庵野秀明さんだからですね。漫画を最後まで読んで、しっかり完結しているのは知ったのですが、映画がどんな内容なのか、非常に興味深いです。

参考)「シン・エヴァンゲリオン」公式予告

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告【公式】

参考)「シン・ゴジラ」です。

5.まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』の世界感は、人の悲哀も描かれていて、スケールが大きく深いです。また、決してハッピーな物語ではありません。そもそも「使徒」とは何なのか?徐々に明らかとなる、複雑に入り組んだエヴァンゲリオンの秘密。理解するのに2回読みしました(笑)。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました