藤沢とおるの学園漫画『仮面ティーチャー』 不良の墓場、極悪高校を謎の教師が喧嘩補習で更生する?!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、藤沢とおるさんの学園漫画『仮面ティーチャー』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

藤沢さんですが、『湘南純愛組!』『GTO』以降、いろいろなジャンルに挑戦して、結局、GTO外伝に戻る。ということを繰り返して、小粒の作品ばかりなってきた感じがしています。

『仮面ティーチャー』は、そんな失礼なことを言った、小粒の作品の中でも、中粒で、ピリッとおもしろい作品です(笑)。

スポンサーリンク

1.『仮面ティーチャー』の基本情報

著者 藤沢とおる
出版社 集英社
連載雑誌 週刊ヤングジャンプ
掲載期間 2006年~2007年
巻数 全4巻

藤沢さんはインタビューで、『仮面ティーチャー』は、「教育の現場が、ガチガチの規則に縛られていて、先生がちょっと怒るだけでもクレームが届いてしまう。そういった問題を、どうしたらいいのかというところから始まった作品」と、おっしゃっていました。

「そんな先生、いる訳ない!」と突っ込んでしまうほど、規則をぶっ壊してしまっている漫画ですが、藤沢さんに、不良&ギャグ漫画を期待してしまっている私は、十分、満足してしまいました。

2.『仮面ティーチャー』のあらすじ

都内の不良たちが集まる、通称“東京の不良墓場”、極蘭高校。生徒の8割は問題児で、教師の転出率も高いという問題ある高校です。そんなところに、明るくお調子者の教師、荒木剛太が赴任してきます。さっそく、受け持つクラスは、不良ばかりの2年C組です。

(「仮面ティーチャー」1巻から引用)

そしてもう一人、2年C組の副担当として、赴任してきた男が、十文字隼人です。隼人は、なかなか姿を現さないのですが、職員室の隼人の机の下からは、バックと白い仮面が見つかります。

3.仮面ティーチャーは誰なのか?

暴れまわる2年C組の生徒に対し、謎の「仮面ティーチャー」が現れ、補修授業を行っていくのですが、C組には、休学中の問題児がまだまだ控えています。

もう一人の教師が「十文字隼人」と聞いて、ピンときた人は、ある程度の年齢の方だと思います。十文字隼人、実は、仮面ライダー2号に変身する人(人造人間ですが)の名前です。ちなみに、最近、プチブレイク中の藤岡弘、さんは、仮面ライダー1号の「本郷猛」役でした。

仮面ティーチャーは、おそらく、十文字隼人ではないか・・・と話が進むのですが、つづきは、読んでのお楽しみです。

4.続編は『仮面ティーチャーBLACK』

『仮面ティーチャー』は、『仮面ティーチャーBLACK』に続きます。この『BLACK』の舞台は、セレブ高校で、多額の寄付をしているセレブの子供達が学園を支配して、やりたい放題をしています。そこに赴任してくるのが、荒木剛太です。

↓↓試し読みできます↓↓

『仮面ティーチャー』の愛車は、ヤマハのバイクVーMAX。『湘南純愛組!』の極東高校のフミヤの愛車でもあります。

(「仮面ティーチャーBLACK」1巻から引用)

5.まとめ

『仮面ティーチャー』『仮面ティーチャーBLACK』BLACKとも、はっきり言って、教師漫画的な、感動は少ないです(笑)。ただし、無気力な教師、問題を抱えて拗ねている不良達が、変わっている過程は面白いです。

おそらく、もう少ししたら、「仮面ティーチャーRED」が始まるような感じはありますが、何も考えず、おもしろい漫画を楽しみ人に、『仮面ティーチャー』『<仮面ティーチャーBLACK』はおすすめです。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました