花沢健吾のデビュー作にして最高傑作漫画『ルサンチマン』 もてない男達の仮想世界での活躍?!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は花沢健吾さんのデビュー作であり、最高傑作に上げる人も多い『ルサンチマン』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓

そもそも「ルサンチマン」という言葉はフランス語で、「強者に対する弱者の憎悪や、復讐衝動などの感情が、内攻的に屈折している状態」を言うそうです。

そんなタイトルを付けられた漫画、『ルサンチマン』は、まさにそんな漫画です(笑)。もてない男の屈折した漫画ですので、女性にはまったく支持されない、ある意味潔い漫画です。

スポンサーリンク

1.『ルサンチマン』の基本情報

著者 花沢健吾
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミックスピリッツ
掲載期間 2004年~2005年
巻数 全4巻

花沢さんは、大学受験にすべて失敗。コンピューター関係の専門学校を卒業後に、3年間の印刷会社勤務を経て、漫画家のアシスタントを経験し、2004年に、29歳で、この『ルサンチマン』でデビューしています。

参考)『ルサンチマン』以降の作品です。

2.『ルサンチマン』のあらすじ

2015年の東京。拓郎は、零細印刷会社の工場に勤める、デブ、ハゲ、メガネの独身男です。実家住まいで、ボーナス後の風俗が唯一の楽しみという素人童貞で、日々の生活に充実感も得られず、絵にかいたような冴えない毎日を送っています。

30歳の誕生日に、旧友3人と飲んだ拓郎は、自分以上に冴さえない男であるはずの越後大作が、勤めていたパン工場を辞めたうえ、仕事もせずに、ずっと女と遊んでいる・・・という話を聞かされます。しかし、越後の話は、ギャルゲー(美少女ゲーム)の世界であるとわかり、飽きれ笑いとばすのでした。

飲み会の帰り、「オレの彼女に会わせてやる」と言う、越後のアパートに立ち寄った拓郎は、最新式のギャルゲーをやらせてもらい、想像以上の高度なAIキャラクターとバーチャルリアリティに、「完全な現実逃避だ…」思いつつ、その世界を羨ましく思うのでした。

翌日、どうしても我慢ができなくなった拓郎は、貯金をはたいて、パソコンとゲームソフト一式を購入しするのでした…。

3.徹底してもてない男のVR漫画

『ルサンチマン』ですが、徹底して、もてない男が、アンリアル(非現実世界)に現実逃避している漫画です。主人公、拓郎は、もちろん、そんな世界にハマっていくのですが、徹底して現実逃避して、達人の域に達しているのは、拓郎の友人、越後です。

越後は、チビで不細工、パン工場をクビになって、それまでの貯金と工場でもらったパンで生活しているのですが、ほぼ全ての時間を、アンリアル(非現実世界)で過ごしています。

越後のアンリアルの世界での名前は、”ラインハルト・ウォルフガング・シュナウファー”。長身で容姿端麗の姿をしており、5人の女性ノンプレイヤーキャラクターを彼女にしています。過去2回の仮想世界大戦を経験した英雄というのですから、居心地の悪い、現実の世界にもどってこないですよね。

4.まとめ

拓郎もアンリアルの世界の月子というノンプレイヤーキャラクターを好きになってしまうのですが、月子はただのキャラクターではないことから、アンリアルの世界全体、また現実世界も巻き込んだ、大きなうねりに飲み込まれていきます。

ばかばかしい内容ですが、実はかなり練った壮大な物語であり、作者、花沢さんのルサンチマンが爆発しているおすすめの漫画です。全四巻ですので、一気読み必至です。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました