大学生の就活漫画・原秀則『SOMEDAY(サムデイ)』 仕事に恋に悩みながら成長する恋人たちの物語

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は大学生の就職活動の漫画、原秀則さんの『SOMEDAY』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

就職活動を始めた大学3年生の物語です。

スポンサーリンク

1.『SOMEDAY』の基本情報

著者 原秀則
出版社 小学館
連載雑誌 週刊ヤングサンデー
掲載期間 1997年~1999年
巻数 全8巻

私が好きな原秀則さんの漫画です。連載は20年以上前。バブル崩壊が1992-93年頃と言われていますので、まさに、就職氷河期ど真ん中の大学生の就職活動と恋を描いた物語です。

『冬物語』(1987~1990年)、『部屋においでよ』(1990~1994年)、『いつでも夢を』(1994~1997年)、『SOMEDAY』(1997~1999年)と、連続連載した4作品は、原秀則さんが、最も脂が乗っていた頃に描かれた青春4部作と言えます。

2.『SOMEDAY』のあらすじ

大学3年の唐沢周と恋人の絵里香は就職活動を始め出します。帰国子女の絵里香は、外資系や映画会社を中心に、しかし周は、サークルの仲間達が就活を始める中、やりたい仕事が見つからず、就活に出遅れています。

それでも、慣れるためと、OB訪問をはじめる周ですが、勝負どころに弱いことや、器用に嘘をつくこともできず、気持ちも入っていないこともあり、面接や試験で失敗し続けます。なかなか内定が取れない周と絵里香の仲も、次第にすれ違いが起こってきます。はたして、2人の就職と恋愛はどうなっていくのでしょうか?

 周と恋人の絵里香です。
周と恋人の絵里香

3.やりたい仕事がなく苦労する就活

ほとんどの就職活動をしてる大学3年生は、明確にここの会社に行きたい!と思っている人は少ないと思います。(私がそうでしたし、実際、会社に入ってみると、学生時代に思い描いていた仕事とはかなり違いました)。

会社もですが、業種さえ絞り込めていない周の就活はうまくいきません。慣れるためと、希望でもない会社のOB訪問を行い、そんな魂胆をOBに見透かされて、舌打ちされる周。OBは悪人顔で描かれているのですが、どう考えても周がダメです。

そんな周ですが、偶然に引き込まれたアルバイトを通して、自分のやりたいことが見つかっていきます。

4.しっかり娘と優柔不断男のペアですが…

作者・原秀則さんは、優柔不断な青年としっかり者の娘の恋愛が好きなようで、過去の恋愛作品はほぼこのパターンが出てきます。『SOMEDAY』でも、周と絵里香はそんな関係で、なかなか内定をもらえない周は、いつしか絵里香に引け目を感じてか、関係はギクシャクしてきます。

そんな時、周は、就活中に内定ゼロ同士として仲良くなった、石川舞と急接近していきます。

 内定ゼロ同士が急接近 
内定ゼロ同士の2人が急接近

あんなにいい彼女(絵里香)がいるのに!と思ってしまうのですが、原秀則さんの描く女性は可愛くて、石川舞もいい娘なんですよね。

5.まとめ

今の就活がどうかは分かりませんが、当時は自分とリンクさせながらこの漫画を読んでました。この時代、パソコンも普及してなく、分厚い就職ガイダンスが段ボールで郵送されてきて、その中の会社案内から手書きでエントリーシートを郵送していました。

そんな描写に現在の就活との時代差は感じますが、大学生が自分の仕事を選んでいく過程は、昔も今もほぼ変わりません。

仕事とはなにか?選ぶ会社に何を求めるのか?と考えさせられる漫画です。周と絵里香の恋愛関係の移り変わりも楽しめます。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました