『ザ・ファブル』 大阪で普通の暮らしを始めた休業中の天才殺し屋。しかし、トラブルは彼を離さない!!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、大阪で休業?している殺し屋の漫画『ザ・ファブル』を、ご紹介させていただきます。

↓↓↓1巻無料で読めます↓↓↓

天才殺し屋が主人公とくれば、殺しのシーンが多く、読んでいると心がすさんでくる感じがしますが、『ザ・ファブル』は、うまく笑いを取り入れて、心がすさむ一歩前でとどまり、楽しましてくれる、裏社会の殺し屋の漫画です。

2019年には、岡田准一さん主演で映画化もされています。

スポンサーリンク

1.『ザ・ファブル』の基本情報

著者 南勝久
出版社 講談社
連載雑誌 週刊ヤングマガジン
掲載期間 2014年~2019年(第1部)
巻数 既刊22巻

「殺し屋」が主人公の漫画では、1968年の連載開始から今だに続いている『ゴルゴ13』に次いで、長期に連載されている殺し屋漫画です。

「ファブル」は 、英語の名詞「fable」からとっており、寓話や伝説、神話といった意味です。2019年に第1部が完了しており、2020年の夏ごろから第2部が連載予定となっていたのですが、やっと2021年7月から、第二部『ザ・ファブル The second contact』の連載再開が決まったようです。

南勝久さんは、1999年に『ナニワトモアレ』でデビューし、その後、続編の『なにわ友あれ』の次の作品がこの『ザ・ファブル』になります。考えてみたらまだ2作目ですね。第二部、楽しみです!

2.『ザ・ファブル』のあらすじ

裏社会の人間から「ファブル」と恐れられる天才殺し屋は、殺しすぎたこともあり、ボスから「1年間殺しをせず、一般人として暮らせ」と命じられます。

そこで、天才的な記憶力の持ち主の相棒の美女と一緒に、ボスと古くから付き合いのある暴力団「真黒組」の庇護の元で、一般人として大阪での生活を始めます。

しかし、大なり小なり、どこにでも悪党はいるもので、2人の大阪の生活も、次第にトラブルに巻き込まれていきます。

3.主人公「ファブル」(偽名:佐藤明)

殺し屋の漫画で、シリアスになりすぎないのは、主人公の「ファブル」と、相棒の美女のキャラのおかげです。2人について簡単に説明させていただきます。

主人公、佐藤明(偽名)。6年で71人を殺している殺しの天才。顔、体つきともに特徴がなく、まったく殺気が無いため、殺し屋には見えません。幼いころから、殺しの英才教育を受けて裏社会に暮らしてきたため、一般常識から、かなりズレており、そのギャップがクスッと笑えます。

(「ザ・ファブル」1巻から引用)

大好きなお笑い芸人が、新しいことにチャレンジしている姿をテレビで見て、触発されて、時給800円のイラストレーターのアルバイトを始めます。

4.「ファブル」の相棒(偽名:佐藤洋子)

ボスから、佐藤明の妹という設定にされた「ファブル」の相棒です。

幼いころ火事で両親を失ってからボスに育てられており、銃器の扱い、格闘術もでき、抜群の記憶力の持ち主です。

酒豪で、一般人としての生活が暇なこともあり、自分の美貌に寄ってくる男達を酔わせて、酔った男の情けない姿を楽しむのが趣味です。いい趣味ですね(笑)。

(「ザ・ファブル」2巻から引用)

5.まとめ

ボスはなぜ2人に、1年間の休業を言い渡したか?殺しすぎで発覚を恐れて…となっていますが、もしかしたら、ボスには違った考えがあったのでは?と思える展開になってきます。

一般人として平和に暮らしたい?二人に、ちょっかいをかけてくる大小の悪党達。天才殺し屋は、”殺さない”で、普通の生活を送ることができるのか!?おもしろい漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓1巻無料で読めます↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました