裏社会アウトロー専門の殺し屋漫画・岩城宏士『スモーキング』 法で裁けない極悪人の皮を剥ぐ!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、裏社会のアウトロー達を相手にする殺し屋の漫画、岩城宏士さんの『スモーキング』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓

岩城さんの絵は、独特の細い、あっさり系のタッチで、読む前はちょっと敬遠していた画の質だったのですが、読んでみると、殺しのどぎつい描写も、引きことなく読むことができる画であることがわかりました(笑)。

スポンサーリンク

1.『スモーキング』の基本情報

著者 岩城宏士
出版社 講談社
連載雑誌 週刊ヤングマガジン
掲載期間 2015年~2017年
巻数 全5巻

岩城宏士さんは、2013年に『D.B.S(ダーティー・ビジネス・シークレット)』でデビュー後、この『スモーキング』が2作目となります。

『D.B.S』も、汚れ仕事を生業とする裏稼業集団を描いていました。ヤンキー、ヤクザ、裏社会の漫画は、決まりきったの実社会の現実から逃避したい、私のような男のニーズが、いつの時代も、一定量あるということですね(笑)。

参考)D.B.S
参考)D.B.S

2.『スモーキング』のあらすじ

普段は公園でホームレス生活をしていて、素性がつかめないことから、裏社会では、「煙屋」や「スモーキング」と呼ばれ、恐れられ嫌われている4人の殺し屋。

彼らが依頼を受けて殺すのは、法律や国家では裁けない裏社会の悪党達。また今日も「スモーキング」に依頼が届く・・・。

3.『スモーキングの4人』

「スモーキング」の4人を紹介してしてみます。

左辺 重蔵(さべ じゅうぞう)
・暗殺した人間の刺青の皮を剥がし、ホルマリン漬けにしたものを暗殺の証拠品として、依頼人に送り届ける”剥ぎ師(はぎし)”。「スモーキング」のリーダー。

ゴロ
・素手で相手を潰す地下格闘技の元チャンピオン”潰師(つぶし)”。普段は空き缶集めをしている。

八丁(はっちょう)
・あらゆる武器を調達してくる”物足師(ぶったし)”。普段は食糧となる廃棄弁当などの調達をしている。

ヒフミン
・薬剤調合の知識を持ち、オリジナルの劇薬を作り出す“薬罪師(やくざいし)”。普段は公園で”近所の子ども達と遊んでおり、”コドモオジチャン”と呼ばれている。

4.「スモーキング」は、現代の必殺仕掛人

この法律で裁けない悪を懲らしめる話は、池波正太郎の小説『仕掛人・藤枝梅安』シリーズを原作とした、『必殺仕掛人』に始まる一連のテレビドラマから、漫画でも多くの作品で扱われてきたテーマです。

参考)ギフト±

悪が懲らしめられる話は、おもしろくない訳ないです。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

5.続編『スモーキング・サべージ』連載中

『スモーキング』は、5巻で完結していますが、その続編『スモーキング・サべージ』が、少年画報社の「月刊ヤングキングBULL(ブル)」で、連載されています。現在4巻まで出ており、新メンバーを加えた、「スモーキング」の活躍を読むことができます。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました