灘神影流復活!『TOUGH 龍を継ぐ男』 暗黒面に堕ちた?ダーク・キー坊と対決!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、猿渡哲也さんの格闘漫画『TOUGH 龍を継ぐ男』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓

スポンサーリンク

1.『TOUGH 龍を継ぐ男』の基本情報

著者 猿渡哲也
出版社 集英社
連載雑誌 週刊プレイボーイ
掲載期間 2016年~
巻数 既刊17巻

『TOUGH 龍を継ぐ男』は、1993~2012年と20年近く、週刊ヤングジャンプに連載された、『高校鉄拳伝タフ』と、続編『TOUGH』の、さらに続編となります。

高校鉄拳伝タフ
高校鉄拳伝タフ

TOUGH
TOUGH

最強の実戦的古武術「灘神影流」の後継者、キー坊こと、宮沢喜一が、修行をしながら、柔道、空手、ボクシングなど、さまざまな格闘技の強敵と闘って育っていく物語です。ただし、格闘漫画にありがちな、次々と最強な敵キャラが登場してきて、とても人間技ではないなぁ…と、読んでいて共感できなくなっていくギリギリで、連載が終わって、ホッとしたもの確かでした。

『TOUGH』連載終了から4年後、「週刊プレイボーイ」で、不安と期待のキー坊の続編が始まっておりました。

2.『TOUGH 龍を継ぐ男』のあらすじ

名門長岡家の次男、18歳の龍星は、母の死をきっかけに、義父への不満を爆発させ家を飛び出します。そして、母が死の際に語った本当の父親、”修羅の漢”を探し始めた龍星は、自分の父親が、伝説の格闘家、鬼龍だと知ります。

龍星は、鬼龍の双子の弟である灘神影流継承者、宮沢静虎と出会い、その人間性に惹かれ弟子入りし、灘神影流を修行していきます。

その頃、キー坊は、鬼龍のような情け容赦のない男へと変貌していたのでした!?

3.龍(鬼龍)を継ぐ男は誰だ?

『TOUGH 龍を継ぐ男』は、漫画のタイトルのとおり、鬼龍を継ぐ男を決めていく物語です。静虎に弟子入りした龍星以外にも、鬼龍のDNAを継ぐ男達が現れ、闘っていきます。

そもそも鬼龍がどうなったのか? また、人が変わってしまったキー坊はどうなってしまったのか? 物語を読み進めるうちに謎が解けてきます。

4.まとめ

誰が一番強いのか?単純明快な最強トーナメント的な格闘漫画から脱したのか? それは読む人の判断ですが、あたらめて読みはじめてみると、自分が「誰が強いのか?」の格闘漫画を待っていたのがわかりました(笑)。

しかし、「どうしたんだ、キー坊!」と、キー坊の豹変の謎が知りたくて、続きを読みたくなる漫画です。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました