サバイバル漫画・森恒二『自殺島』 南海の孤島に流された若者達の過酷な生活と希望!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、サバイバル漫画『自殺島』を、ご紹介させていただきます。

ただのサバイバルではなく、生きる希望を無くした、自殺未遂の常習者達のサバイバルです。そもそも、自殺未遂者がサバイバルするのか?と、漫画でしか読めない設定です。

↓↓↓無料試し読みです↓↓↓

スポンサーリンク

1.『自殺島』の基本情報

著者 森恒二
出版社 白泉社
連載雑誌 ヤングアニマル
掲載期間 2008年~2016年
巻数 全17巻

作者の森恒二さんは、この漫画を描くために、南の島に行き、海に潜って魚を突いたり、猟師と山に入って、狩猟をしたり、サバイバル生活をよりリアルに描けるように、実体験をされたようです。

森さんの描く人物は、線が細く、一見、弱々しい感じです。逆にその画風が、登場人物の再起や、成長の物語に合っているようで、森さんの他の作品も、そんな展開が多いです。

2.『自殺島』のあらすじ

自殺未遂を繰り返す主人公セイは、病院のベッドの上で、”生きる義務と権利”を、放棄する書類にサインをして意識を失います。

再びセイが目を覚ました時、自分がいる場所が、自殺を繰り返す“常習者”が、島流しにされる「自殺島」の港であることを知ります。

日本政府は、年々増え続ける自殺者の医療や社会復帰費用を支えきれなくなり、自殺常習者を島流しすることを決定したのでした。

(自殺島1巻から引用)

再び、自殺を考えたセイですが、その直後、港の廃墟から飛び降り自殺した自殺者のおぞましい姿を見て、セイは自殺することを思いとどまります。“死ねないなら、生きるしか…ない”と、消極的ながら、南海の孤島で、生活をしていくことにします。

3.野生のシカに出会い、生きる力を取り戻す

島はもともとは人が住んでいたようで、食料以外の最低限の生活必需品は残っています。生きることを選んだ自殺未遂者達は、食料確保のため、狩猟採取生活を送ることになります。

セイは孤独な高校時代、図書館で声をかけられて親しくなった、弓道部の先輩から聞いた弓矢の話を思い出して、弓作りに励みます。そして、森で出会った生気に満ちた野生の鹿を追って、なぜ生きるのか?を確かめるために山に入ります。

(自殺島2巻から引用)

そして、無垢な存在、鹿を仕留め、自分がいくつもの命の上に生きていることを知り、生きることを決意します。

(自殺島2巻から引用)

4.「生き残るため」のさまざまな困難

南海の孤島の生活ですので、狩猟採取生活の困難さはもちろんですが、人間同士の軋轢、人間関係のサバイバルも多く描かれています。そんな困難をいくつかを挙げてみます。

4-1.自殺島からは脱出できない

自殺島を脱出しようと、セイ達のグループのリーダー・リョウは、数名の仲間と手作りの筏を作り、水と食料を乗せて島を出航します。しかし、数日後、彼らは壊れた筏とととに、浜に漂着しているところを発見されます。生き残ったリョウが語った衝撃の内容は…。

4-2.無法者サワダとの抗争

島の港側のもう1つのグループを恐怖で支配しているサワダ。刺激だけを求めて、何度もセイ達のグループを攻撃してきます。サワダとの対決無くして、島では生き残れない状況になってきます。

4-3.その他の妨害者

サワダほどではないですが、「どうせ死ぬんだ!」と自己中で、自分勝手な行動をとる自殺常習者達が数多く出てきます。リョウとともに、グループのもう一人の支柱だったカイも、かなりサイコパスな男で、人の感情をコントロールし、かなりの犠牲者がでてきます。

5.まとめ

生きることを選んだ元自殺常習者達。本当の自殺常習者が、誰もが必要とされる小さな共同体で、自給自足の生活を送ることで、生きる希望が湧いてくるかはわかりません。しかし、読んでいると、生きることを選んだセイたちを、応援してしまいます。

新しい生命の誕生や、セイの恋、自殺常習者を装い自殺島を取材するジャーナリストなど、自殺島に生きる若者達の行く末、気になりませんか?

↓↓↓無料試し読みです↓↓↓
↓↓↓無料試し読みです↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました