業田良家『機械仕掛けの愛』 深いロボットの人間愛が『火の鳥』を彷彿させます。

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、業田良家(ごうだよしいえ)さんの漫画『機械仕掛けの愛』を、ご紹介させていただきます。

↓↓試し読みできます↓↓

業田さんの漫画を読むのは久しぶりでした。1話完結の非現実的な物語の中に、コミカルに、人の悲哀が描かれていて、読ませてくれるいい漫画でした。

スポンサーリンク

1.『機械仕掛けの愛』の基本情報

著者 業田良家
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミック
掲載期間 2010年~
巻数 既刊6巻

業田さんは、1983年に4コマ漫画『ゴーダ君』でデビューしてから、短編マンガを中心に描かれているベテランの漫画家です。この『機械仕掛けの愛』で、手塚治虫文化賞短編賞や、文化庁メディア芸術祭マンガ部門・優秀賞を受賞されています。

漫画のタイトルは、スタンリー・キューブリック監督の迷作?映画「時計じかけのオレンジ」の影響を受けているようです。

参考)時計じかけのオレンジ

2.『機械仕掛けの愛』は『火の鳥』を彷彿する。

『機械仕掛けの愛』を読んだときに一番最初に感じたのは、心をもったロボットと人間の物語…どこかで読んだことあるな…でした。もの悲しい余韻を残す物語…それは、手塚治虫さんの名作漫画『火の鳥』です。

『火の鳥』の壮大な物語と比較はできないですが、復活編と未来編に出てくる、ロボットの人間の愛は、共通するものを感じました。

参考)『火の鳥 復活編』
参考)『火の鳥 復活編』が収録されています。

3.持ち主に飽きられたペットロボの女の子

第一話「ペットロボ」を紹介させて頂きます。

若い夫婦が遊園地で、女の子の姿をしたペットロボットと遊んでいます。しかし妻は、「あの子、もう2年も使っているから、飽きてしまったなぁ…次は男の子にしない?」と夫と話しています。

夫婦は、ペットロボット店で、小さな男の子の購入。夫婦と男の子が楽しく遊んでいる隣の部屋で、女の子は充電をしながら、「またワタシは中古として売られていくのかな…」と、過去に買われた家々で受けた、苦い思い出を思い出しています。

しかし、その子にも唯一の幸せな時期を過ごした、忘れられないお母さんがいるのでした。女の子のペットロボットは、お母さんに会いに行くのでした…。泣けてきませんか?この続きがまた、涙腺崩壊の話です。

主人公はロボットなのですが、ほとんどの話が人間に置き換えられる物語です。

4.まとめ

残酷な話もあるのですが、業田さんのソフトな画のおかげで、じんわりと心に響いて、読後に不快感はありません。短編作として非常にうまくできており、最後のどんでん返しなど、短編小説の名手、オー・ヘンリーの作品、「最後の一葉」や「賢者の贈り物」に、匹敵する良さがあると思います。(ちょっと褒めすぎかな…笑)

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました