猟奇的サスペンス漫画『ギフト±』 凶悪犯を狩り、生きたまま解体する戦慄の女子校生! 

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は好き嫌いがあるかもしれません。猟奇的なサスペンス漫画『ギフト±』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓

『ギフト±』のタイトルは、おそらく神様の贈り物という意味の”ギフト”でしょう。”±”(プラスマイナス)は、プラスマイナス=ゼロかな。「神様の贈り物は、プラスマイナス=ゼロ」。意味深なタイトルですね。

スポンサーリンク

1.『ギフト±』の基本情報

著者 ナガテユカ
出版社 日本文芸社
連載雑誌 週刊漫画ゴラク
掲載期間 2015年~
巻数 既刊18巻

週刊漫画ゴラクに連載されているからとも言えますが、少なくとも少年漫画ではなく、青年漫画で、エログロ場面も出てきます。なにせ、漫画ゴラクは、”本物の漢たちに贈るエンターテイメント!”の雑誌です。連載されている漫画は、けっこう独特です(笑)。

作者のナガテユカさんは、もともと ”ながてゆか” 名で、作品を出されていたのですが、この『ギフト±』から、カタカナの ”ナガテユカ” に変えています。変更の理由は「もっと咎っていこうと思い・・・」と、”咎”(とが)を使うところが、またカッコイイですね。

※咎=人から責められたり、非難されたりするような行為。あやまち。しくじり。 罰されるべき行為。罪。

参考)ナガテユカさんのブログ

Yuka Nagate's Blog

2.『ギフト±』のあらすじ

鈴原環(すずはらたまき)は、普段は人と交わらない感情の乏しい女子高生。しかし、実体は、更正を期待出来ない犯罪者や、社会に潜む凶悪犯たちを、クジラと呼び、生きたまま狩って、解体し、その内臓や肉体を必要とする患者に売りつけている…。

3.『ギフト±』は、現代の必殺仕置人か?

若い人は知らない人が多いと思いますが、昔のテレビ時代劇で、金をもらって弱者の晴らせぬ恨みを晴らす、闇の処刑人「必殺仕置人シリーズ」が人気でした。もともとは、池波正太郎さんの時代小説が原作です。

この仕置人以降、裁かれない悪人を、非合法に処刑する主人公を描いた作品が、多く世に出ています。漫画の代表作と言えば、平松伸二さんの『ブラックエンジェルズ』になると思います。

『ギフト±』も、そんな漫画の1つと思って読んだのですが、そんな単純な物語ではなかったです。巻を重ねるごとに、闇臓器売買を取り巻く闇社会に、実は表社会も闇に取り込まれていて…と、読めば読むほど、泥沼、闇が広がっていく漫画です。

4.美人女子高生が凶悪犯を解体する理由は?

主人公、鈴原環は、清楚な美人女子高生です。そんな環がなぜ、クジラ(凶悪犯)狩りをして、解体し、臓器をとりだしているのか? そんな技術をどこで覚えたのか? 数々の謎が、巻を重ねるごとに少しずつですが、明らかになります。

鈴原環
鈴原環

5.まとめ

現在18巻ですが、物語は真相(環の出生の秘密)に近くなってきている気がします。

また、臓器移植や再生医療について、倫理的な視点を外して、物語を描いているところも、おもしろさの理由の一つだと思います。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました