高校バレーボール漫画の名作『健太やります!』 部員6人の弱小チームと、平凡な主人公のひたむきな奮闘です!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、高校男子バレーボール漫画『健太やります!』を、ご紹介させて頂きます。

↓試し読みできます↓

高校男子バレーボール漫画と言えば、現在大ヒット連載中の『ハイキュー!!』ですが、この『健太やります!』も、負けないぐらい胸が熱くなるバレーボール漫画です。

スポンサーリンク

1.『健太やります!』の基本情報

著者 満田拓也
出版社 小学館
連載雑誌 週刊少年サンデー
掲載期間 1988年~1994年
巻数 全26巻

満田さんは、原秀則さんのアシスタントを経て、この『健太やります!』が、初連載の作品となります。この次の連載が、アニメ化され大ヒットした野球漫画『MAJOR』になります。

満田さんは、師匠の原秀則さんの優しいタッチと、スポーツ漫画好きをしっかり引き継いでいますね(笑)。

2.『健太やります!』のあらすじ

バレーボールの強豪中学で、補欠だった井口健太(164㎝)は、入学した坂見台高校でもバレー部に入部して、レギュラーになることを夢見ています。しかし、坂見台高校のすぐ近くには、バレーボールの全国屈指の名門高があり、坂見台高校・男子バレー部は、毎回、地区予選初戦敗退の弱小チームでした。

健太は、もう一人の1年生、運動神経抜群で、バレーセンスの固まり、前田隆彦(183㎝)とともに、バレー部に入部しますが、先輩は、2年生3人だけで、5名しかいません。ケガで一時バレーをやめていた、稲葉キャプテン(3年生)が復帰して、何とか試合ができる6名が揃ったところから、坂見台高校バレー部は、活気を取り戻していきます。

3.健太と坂見台高バレー部の成長が面白い!

たった6人しかいないバレーボール部ですが、カリスマ的キャプテンの稲葉の指導で、徐々に実力をつけていきます。『健太やります!』の前半は、稲葉キャプテンの存在が非常に大きいです。バレー部を引退してからも、一歩引いて、後輩達を見守っている姿、カッコイイです。

稲葉の引退後、1年生ながら、キャプテンを任命された健太ですが、最初の仕事は部員集めです(5人になってしまったため)。人一倍、努力家の健太ですが、やさしく、気が弱いキャプテンが、チームと一緒に成長していきます。

4.今のバレーボールとルールが違う

『健太やります!』は、30年以上前の連載ですので、その当時と、現在では、バレーボールのルースがちょっと変わっています。バレーど素人の私が、読んでいて、気がついたルールの違いをあげてみます。

リベロがいない!

今は、一人だけユニフォームの色が違う、守備(レシーブ)専門の「リベロ」の選手がいますが、一昔前はいなかったですね。リベロは、1998年に、国際バレーボール連盟で正式に認定されたようです。今なら、健太はもちろんリベロでしょう。

サイドアウト制!?

サイドアウト制と言うのだと今知りました(笑)。1999年以降は、ラリーポイント制という、サーブ権の有無にかかわらず、点数が入るようになりましたが、それ以前は、サーブ権を持っているチームしか点数が入らない、サーブ権を取り合う、サイドアウト制でした。

ちなみに、サイドアウト制は1セット15点、ラリーポイント制は25点です。点数は少ないですが、サーブ権の取り合いで、なかなか試合が進まなかったのを覚えています。

健太たちは、サイドアウト制で試合をやっていましたが、漫画の試合展開は、『ハイキュー!!』より断然早いです(笑)。

5.まとめ

『健太やります!』は、ルールなど、小さいところでは、時代を感じますが、今でも十分に楽しめ、感動をもらえるスポーツ漫画です。

優秀な選手を集めている強豪チームが、実はどのチームよりも努力し、練習していることに気がついたり、「根性」を認めていない、理論的・技巧的なバレーを目指すコーチが、少しずつ考えを変えていったり、読ませるところは結構あります。

ラストのちょっとおちゃめな終わり方もご愛敬です。

↓試し読みできます↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました