漫画『信長協奏曲』 現代の高校生がタイムスリップして織田信長と入れ替わる!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、石井あゆみさんのタイムスリップ、戦国歴史漫画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

タイムスリップと歴史、特に戦国時代は、私が好きなジャンルの組み合わせです。古くは『戦国自衛隊』(自衛隊の小隊が戦国時代にタイムスリップ)以来、この手の漫画でおもしろくない本に出合ったことはありません。

参考)戦国自衛隊
参考)戦国自衛隊

参考)『アシガール』もそうでした!

スポンサーリンク

1.『信長協奏曲』の基本情報

著者 石井あゆみ
出版社 小学館
連載雑誌 ゲッサン(月刊少年サンデー)
掲載期間 2009年~
巻数 既刊20巻

石井あゆみさんは、2005年デビューの漫画家さんで、この『信長協奏曲』が初連載作品となります。そして、初連載作で、アニメ化、実写ドラマ化、映画化と大ヒットですからすごいです。

現在、連載中の物語は、佳境に入ってきて、ラストが近づいている感じがします。

2.『信長協奏曲』のあらすじ

本能寺の変を引き起こした人は?「あいださん…」と答える、勉強(特に日本史)が苦手な今どきの高校1年生・サブローは、学校帰りにふざけていて崖から落ちてしまいます。しかし、落ちた先は戦国時代でした。

そこでサブローは、自分と顔がそっくりな若武者・織田信長と出会い、信長から突然「自分と入れ替わってくれ」と頼まれます。信長は体が弱く、乱世では身が持たない…と、城を逃げ出してきたところでした。「あとは頼んだぞ…」と、サブローに言い残し信長は去ってしまいます。

そのあと、城から信長を追ってきた家臣達は、うりふたつのサブローを信長を勘違いし、城に連れもどします。信長と入れ替わってしまったサブローの戦国の世の生活が始まるのでした…。

3.歴史は変わるのか?

いまどきの高校生サブローが信長と入れ替わったという設定、マンガは楽しいですね(笑)。

歴史が嫌いな人でも、織田信長を知らない人はいないのではないでしょうか。日本史が苦手なサブローも信長が天下を取った男であることは知っていました。生きるため、歴史を変えない?ために、信長として生きることにしたサブローが、歴史をどう変えていくのかが、この漫画の読みどころの一つです。

しかし、本能寺の変を起こした人を、あいださん…としか覚えいない、日本史に疎いサブローが、どこまで歴史に影響を及ぼせるのか、ちょっと疑問です(笑)。

4.信長以外にもタイムスリッパーが!?

タイムスリップは、time(時間)+slip(滑る)で、自分の意思とは関係なく、何らかの出来事で、時間を移動してしまうことです。タイムトラベルする人をタイムトラベラーと呼ぶように、タイムスリップする人は、タイムスリッパーと呼びます。

サブローはタイムスリッパーになるのですが、実は『信長協奏曲』には、サブロー以外にもタイムスリッパーが登場します。意外なあの歴史上の人物がタイムスリッパーで、信長(サブロー)と絡んできます。

5.まとめ

織田信長と言えば「本能寺の変」と切り離して考えられません。『信長協奏曲』のクライマックスも「本能寺の変」に向かって進んでいきます。

サブローと入れ替わった、本物の信長の行方や、秀吉の野望、明智光秀の正体など、登場人物の設定もよく練られていて、後半は伏線回収に向けて物語が突き進んでいきます。歴史、タイムトラベル、ミステリー好きにはたまらない、楽しい娯楽漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました