プロレス漫画、猿渡哲也『ロックアップ』 弱小プロレス団体の満身創痍の社長レスラーの浪花節的プロレス愛

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、猿渡哲也さんのプロレス漫画『ロックアップ』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

この漫画ですが、作者、猿渡哲也さんのプロレス愛が溢れた作品です。ちなみに、「ロックアップ」は、プロレス用語で、プロレスラーがリング上で、がっちりと組み合うことです。猿渡さんが、プロレスにがっちり組み合った作品となってます。

スポンサーリンク

1.『ロックアップ』の基本情報

著者 猿渡哲也
出版社 集英社
連載雑誌 グランドジャンプ
掲載期間 2013年~2014年
巻数 全4巻

猿渡哲也さんと言えば、格闘漫画『TOUGH』が有名すぎますが、『TOUGH』以外にも、いつくかのおろしろいアクション漫画を描かれています。荒廃的な作風に、最近は年齢をかさねて、作品に浪花節的、義理人情の要素も加わってきて、私はますます好きになってきました。

この『ロックアップ』は、猿渡哲也さんの、そんな浪花節的作品の一つです(笑)。

2.『ロックアップ』のあらすじ

貧乏インディープロレス団体「あかつきプロレス」。その社長であるサムソン高木は、長年のレスラー生活で身体がボロボロで、なおかつ、末期の前立腺がんにも侵されています。

借金まみれで、団体とともに、いつ潰れてもおかしくない状態になりながらも、「人生はプロレス、一発逆転を信じる」を、信念にプロレスラーとしてリングに上がり続けています。

3.弱小プロレス団体のリアルな姿

現在、プロレス団体は、大小合わせると70前後あると言われています。

最近は、人気が盛り上がってきているトップ団体の「新日本プロレスリング」も、長年、債務超過が続き、きびしい時代も長かったです。そんな業界で、プロレスで飯が食べられる団体は上位の数団体しかないようです。

『ロックアップ』の「あかつきプロレス」は、給料遅配は当たり前の借金まみれの団体ですが、規模は、実在の「みちのくプロレス」ぐらいの規模かと思われます。そんな団体の懐事情や、プロレス界の悪習”かわいがり(常軌を逸したシゴキ)”など、プロレス界のリアルも描かれています。

4.まとめ

と言っても、基本は、プロレスLOVE漫画です。サムソン高木社長の言葉

「人生はプロレスだ」

「どんな苦しくてもカウント・スリーを聞くまでは、諦めてはならない」

「カウント2.9で返すのがプロレスの醍醐味だ」

など、プロレス好きには、たまらない漫画です。

物語は終盤、ついにサムソン高木が、メジャー団体と闘うことになります。全4巻なので、一気読み必至の漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました