二ノ宮知子『七つ屋志のぶの宝石匣』 一家が離散し質屋に売られた青年と、宝石の気を感じる娘の物語。

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は二ノ宮知子さんの漫画『七つ屋志のぶの宝石匣』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

漫画のタイトル『七つ屋志のぶの宝石匣』ですが、『ななつやしのぶのほうせきばこ』と読みます。簡単ですが、わかりにくいタイトルです(笑)。

七つ屋(ななつや)は、漢字の「七 (しち) 」と「質 (しち) 」が同音であることから、質屋を指す示す隠語のようです。ですからタイトルを簡単に書くと「質屋の(娘)志のぶの宝石箱」となります。

スポンサーリンク

1.『七つ屋志のぶの宝石匣』の基本情報

著者 二ノ宮知子
出版社 講談社
連載雑誌 Kiss
掲載期間 2014年~
巻数 既刊11巻

二ノ宮知子さんの『GREEN』、『のだめカンタービレ』に続く作品で、現在、不定期で連載中です。もともと、『GREEN』の後に、「音大」か「質屋」の物語にするかで悩んだそうです。

もともと二ノ宮さんは、化石掘りとか鉱物に興味があって、デアゴスティーニ社が出していた「地球の鉱物」を全種類集めており、この漫画のために宝石学校にも行かれたとのこと。好きなんですね(笑)。

参考)デアゴスティーニ・地球の鉱物

2.『七つ屋志のぶの宝石匣』のあらすじ

ある夜、質屋・倉田屋に、年配の女性と少年が来店します。その二人は、歴史に名を残す名家・北上家の祖母と孫でした。北上家は没落、一家離散してしまい、その少年、北上家の跡取りの息子・顕定(あきさだ)を、質に入れ、3年預かってくれないかという依頼でした。

人間の質入れなど受け付けてないですが、江戸時代から付き合いのある北上家のため、質屋の店主は、少年を預かることとしますが、3年を過ぎても迎えにこなかった場合は、質流れとして、店主の孫娘と婚約させるという条件を付きで契約します。

それから十数年後、顕定はそのまま倉田家で育ち、質屋の仕事を学びながら、宝石の鑑定士となり、高級ジュエリー店の外商として、唯一の手がかりである、北上家から離散した宝物の行方を追います。

3.宝石の「気」を感じる主人公・志のぶ

主人公は、北上顕定ともう一人、倉田屋の娘、高校二年生の倉田志のぶです。そうです。二人は過去の契約から婚約者なのです。顕定は、店の裏手のアパートに一人暮らしをしており、週末は倉田屋を手伝っています。

二人とも、志のぶの祖父に質屋の商売を叩き込まれており、特に、志のぶは、宝石が放つ「気」を感じることができる不思議な力を持っています。その力は、宝石の真贋や、邪悪な気を出す盗難品などを見分けることができます。

4.まとめ

北上家の離散の謎はまだはっきりはわかりません。ただし、謎を解くカギは、顕定が追っている宝石にありそうで、逆に顕定をマークしている人物達も現れてきています。

宝石に関するウンチクはもちろんですが、ミステリー好きにも楽しめる漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました