漫画家・山本英夫のおすすめ漫画ランキング・ベスト5

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

先日、山本英夫さんの漫画『HIKARI-MAN』を読みおわりました。これで、山本さんの作品をほぼコンプリートしたので、山本英夫さんのベスト5をまとめてみました。

コンプリートなんて、偉そうなことを言いましたが、山本さんの作品、実は、それほど多くないのです(笑)。では、さっそく行かせていただきます!

スポンサーリンク

1位:殺し屋1

登場人物が個性的な異常者ぞろいで、残酷、グロいシーンが満載なのですが、山本さんの画が、ほのぼの感があるため、ギリギリのところで読んで楽める作品です。ただ、これぐらい弾けてもらった方が漫画は面白いです。

詳細は記事にしてますのでこちらをご参照下さい。

物語が”ヤクザマンション”内で完結しているところがすごいです。

主人公の殺し屋・イチの高校時代を描いた外伝的作品もあります。

↓↓試し読みできます↓↓

2位:ホムンクルス

第六感が芽生えると言われるトレパネーションという、頭蓋骨に穴を開ける手術をしてしまった主人公は、人々の深層心理が具像化した異形の姿が見えるようになります。

詳細は記事にしてますのでこちらをご参照下さい。

物語の後半、人の道から転げ落ちていく主人公が、どこまで落ちていくのか気になって読み進んでいき、ゾワゾワとくる終わり方で後味が残ります。漫画を読んで気分をスッキリさせたい人には向かない漫画です(笑)。

3位:新のぞき屋

【あらすじ】主人公・見(ケン)は、依頼を受ければどんな人間の生活でものぞく「のぞきのプロ」。新人のスマイル、イルカ並みの聴力を持つ聴(チョウ)と共に、舞い込む難事件を解決してく。ある日、見(ケン)の元に高見沢と名乗る男から「高校生の娘・レイカを覗いて欲しい」という依頼が来た。レイカにはある秘密があった…

「のぞき屋」にくる依頼ごとの物語になっています。読んでいて面白いのは、普通に生活している人の裏側を覗いてみたい・・・、読んでいる人のそんな欲求を叶えてくれる漫画だからだでしょう。

↓↓試し読みできます↓↓
↓1~6巻、試し読みができます

4位:おカマ白書

主人公・岡間進也は、写真で見た女の子を一目みて好きになってしまう。しかし、それは酔った勢いで女装した自分の姿だった! オカマバー「モーリス」でホステス・キャサリンとしてデビューした進也は、女装した自分とそっくりのミキに惚れてしまう。2人の恋の行く末は!?

彼女がほしと思っている、いたってノーマルな大学生・信也が、ミキに惚れてしまうのですが、ミキは、信也のことを、キャサリンという本物のオカマだと思っており・・・という設定のラブコメ漫画です。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

5位:HIKARI-MAN

電気が通っているところなら、どこでも自由自在に移動ができ、並外れた身体能力も手に入れた主人公・光。しかし、復讐などの負の感情から、次第に、光は負の電子を体にため込むことになっていく…。

詳細は記事にしてますのでこちらをご参照下さい。

 

山本英夫さんのベスト5、いかがでしたか?

作品を連載順に見ていくと、『おカマ白書』で、ちょっと変な人から始まり、だんだんと異常度が増し過激になってきて、『ホムンクルス』でピークになり、『HIKARI-MAN』で、また、ちょっと落ち着いて読める感じになっています。

落ち着いて読める=良くも悪くもない。とも取れますので、過激、異常路線に戻ってほしいと思っているのは、私だけではないはずです(笑)。

タイトルとURLをコピーしました