絶対おもしろい!おすすめの相撲漫画ランキング・ベスト5!!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、私が読んだ相撲漫画の独断と偏見のおすすめランキングです。

日本の国技”相撲”と言われますが、日本は法令や政令で国技を定めていないため、正式に国技と言える競技は無いようです。

また、相撲はスポーツなのか? 神事なのか? 伝統芸能なのか? で悩むこともあります。しかし、白黒明確に区別できない、日本的なファジーで大らかな競技として捉えればいいかと思います(笑)。ちなみに、私は、相撲=伝統芸能(伝統興行)と考えています。

では、おすすめランキングのベスト5です。

スポンサーリンク

1位:のたり松太郎(ちばてつや)

※試し読みできます
※試し読みできます

ビックコミックで、1973年に連載がスタートして、何度か休載を挟みながら、1998年まで連載されていました。その後、ときどき読切や短編が掲載されてますが、最近はまったく見かけなくなりました。しかし、未だに完結の告知はないため、いつか再開?もしくは未完?と期待(不安)している相撲漫画の代表作です。

中学を3年も留年している乱暴者の松太郎が、並外れた怪力で、相撲界で大暴れと思いきや、相撲以外でも場外乱闘を繰り返し、懸賞が付かないと本気を出さないムラっ気で、勝ち越しと負け越しを繰り返すという物語です。

連載期間が長いこともあって、連載時には実際の大相撲で活躍していた往年の力士(若干名前を変えて)も登場します。今度連載が始まったら、最年長金星として、松太郎が、横綱、白鳳を破るかもしれません。

2位:バチバチ(佐藤タカヒロ)

※試し読みできます
※試し読みできます

この『バチバチ』(全16巻)の後、続編として、『バチバチBURST』(全12巻)、『鮫島、最後の十五日』(全20巻)と続きます。『バチバチ』は、主人公、鮫島の大相撲入門編、『BURST』は幕下編、『最後の十五日』は幕内編となります。

暴力事件で角界を追放された、かつての名大関の一人息子・鮫島鯉太郎。幼いころに父を亡くして、手がつけられない不良少年として暴れる一方、ひとり誰に教わるでもなく、相撲の稽古に励んでいました。

身長176cmと力士では小柄な主人公、鮫島鯉太郎のバチバチの相撲漫画です。

残念なことに、作者の佐藤タカヒロさんが、2018年に41歳の若さで急逝され、『鮫島、最後の十五日』は、未完という形で終了してしまいました。

3位:ああ播磨灘(さだやす圭)

正式なタイトル「読むと強くなる横綱漫画 、ああ播磨灘」です(笑)。このタイトルの通り、この作品を読まずに相撲漫画は語れません。

※試し読みできます
※試し読みできます

天下無双の横綱、播磨灘(はりまなだ)。負けたら引退宣言をして、対戦相手を徹底的に叩きのめします。土俵入りでは仮面をかぶり、相撲界の伝統格式、観客の怒号をものともせず、圧倒的な強さで、有無を言わせない痛快横綱漫画です。

伝統や格式ばかりにとらわれる相撲界に、容赦ない強さで活を入れていきます。また、播磨灘の強さに触発され、個性的なライバル力士達が闘争心むき出しに播磨灘に挑んでいきます。タイトルのとおり、読むと力が満ち満ちてくる漫画です。

現在、大相撲に「播磨灘」という力士がいますが、この漫画からとった名前ではなく、兵庫県姫路市出身で、地元の地名から命名した四股名とのことです。

4位:うっちゃれ五所瓦(なかいま強)

※試し読みできます
※試し読みできます

週刊少年サンデーに、1988年から1991年まで連載されていました。単行本は全12巻。作者のなかいま強さんは、スポーツ漫画の大御所です。

武蔵山高校三年生のたった一人の相撲部員、五所瓦が、一度でいいから団体戦を戦ってみたいと仲間を探し、その五所瓦の気持ちに打たれ仲間達が、団体戦を戦う姿を描いています。

五所瓦と戦う仲間は、柔道インターハイ優勝の柔道部主将・清川、プロレスラー志望のレスリング部員・関内、硬派の応援団員・難野、小心者で巨漢の囲碁部・雷電。メンバーはそれぞれの得意技で地区大会に臨みます。異種格闘技戦的おもしろさがあります。

5位.火ノ丸相撲(川田)

※試し読みできます
※試し読みできます

週刊少年ジャンプで、2014年から2019年まで連載され、全28巻になります。

千葉県にある大太刀高校、通称「ダチ高」。3年生の小関一人の相撲部に、身長152cmの小さな新入生、火ノ丸が入学します。中学校では、小さな体のハンデのため勝てずに無名だった火ノ丸、実は、小学生相撲の二冠を取って将来を嘱望された少年でした。

物語のはじめの方は、登場人物達を無理やり国宝の日本刀名に例えて、日本刀ブームも乗っかろうとする強引さが、ちょっと鼻につきましたが、それも数巻で薄まり、まっとうな熱血相撲漫画になっています。

作者「川田」さんの名前は、学生時代のあだ名(プロレスラーの川田利明に似ている)から取ったペンネームとのこと。

次点:おかみさん(一丸)

※試し読みできます
※試し読みできます

ビックコミックオリジナルに、1990年から1999年まで連載され、全17巻となります。

相撲とは全く縁のない生活を送っていた主人公、はつ子が、お見合いで当時の現役力士、山風と結婚。山風が引退して創設した春日部屋で、新米おかみさんとして奮闘する、相撲部屋を舞台とした物語です。ちなみに、作者一丸さんは女性漫画家です。

バチバチの取組みはあまりなく、親方、弟子達と、はつ子の心温まる物語です。

まとめ

相撲のガチンコ勝負を読んでスッキリしたいなら、『ああ播磨灘』『バチバチ』『火ノ丸相撲』、
大相撲のしきたりや、相撲部屋の生活などが知りたい人は、『のたり松太郎』『おかみさん』がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました