タイムストップ・サスペンス漫画『刻刻(こっこく)』 時間が止まった世界(止界)の凄惨な戦い!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、堀尾省太さんの漫画『刻刻』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

『刻刻』は、そのまま”こっこく”と読みます。水木しげるさんや小説家の伊坂幸太郎さんが絶賛したという漫画ということで、読んでみました。実は私、伊坂幸太郎さんの小説のファンです。

スポンサーリンク

1.『刻刻』の基本情報

著者 堀尾省太
出版社 講談社
連載雑誌 月刊モーニングtwo
掲載期間 2008年~2014年
巻数 全8巻

堀尾さんは、1996年にアフタヌーン四季賞大賞を受賞してから、長い間、アシスタントをしていて、この『刻刻』で連載デビューですから、12年間、実力を養いながら活躍の機会を待っていたことになりますね。

当時の担当は「彼は絶対に天才なんだけど、天才すぎてデビューできないと思ってた!」と言われるほど、こだわりの強い漫画家さんのようです。

現在、連載中の『ゴールデンゴールド』も、独特の世界をつくっていて面白いです。

2.『刻刻』のあらすじ

佑河樹里(ゆかわじゅり)は、じいさん(祖父)、失業中の父・貴文と母、ニートの兄・翼、シングルマザーの妹・早苗、甥の真と、貧乏な暮らしながらも平凡に暮らしていました。

ある日、翼が真を幼稚園に迎えにいった帰りに、二人は誘拐されてしまいます。誘拐犯に要求された身代金の受け渡し時間に、間に合わなくなった時、じいさんは、佑河家に代々伝わる「止界術」を使って、世界を止めてしまいます。

止まった世界で、誘拐された二人の救出に向かった樹里たちは、自分たちの以外に、止界で動いている人間に襲撃されます・・・。

3.『刻刻』はタイムストップ漫画?

「止界術」によって、時がとまった世界を止界(しかい)といいます。一旦、止まってしまった世界は、物語の最後まで動き出しません。時間が動いたり、止まったりした設定をせずに、止まってままにしている贅沢な設定です。

また、止界には、いくつかのルールがあります。そもそも、止界術とは何なのか?だれが何の目的のために?と、その謎を知っている、じいさんから徐々に謎が明らかにされます。

4.まとめ

ちょっとだけネタバレをしてしまうと、襲撃者は真純実愛会という宗教団体です。止界をめぐって、佑河ファミリーと、真純実愛会が闘います。

作者、堀尾さんの考えた、誰もが思いつかない設定に引きずり込まれるのは楽しいです。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました