伝説の不良漫画・高橋ヒロシ『クローズ』 今でも十分熱い不良達の物語です。

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、不良達の抗争と友情を描いた漫画・高橋ヒロシさんの『クローズ』を、ご紹介させて頂きます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 試し読みです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
まじめで小心な学生時代を送っていた私は、不良が嫌いだったため、1990年代に、月刊少年チャンピオンに連載されていた、この漫画を知りませんでした。連載終了後、しばらく経ってから、何気なく読んでみて、その面白さに大人買いした漫画です。

もう20年以上前の作品で、今の若い人に受けないのかと言うと、そうでもなく、私の2人の息子は、先を争って読んでいました(笑)。

スポンサーリンク

1.『クローズ』の基本情報

著者 高橋ヒロシ
出版社 秋田書店
連載雑誌 月刊少年チャンピオン
掲載期間 1990年~1998年
巻数 全26巻

現在も別の作者によって、複数のスピンオフ作品が作られており、伝説の不良漫画が言っても間違いないでしょう。

2.『クローズ』のあらすじ

県内随一の不良達の吹き溜まり、鈴蘭男子高等学校。そんな「カラスの学校」と言われる荒れた高校の2年に、金髪頭でお調子者の転校生、坊屋春道(ぼうや はるみち)が転校してきます。

鈴蘭高校では、阪東秀人率いる”阪東一派”と、桐島ヒロミ(ヒロミ)、本城俊明(ポン)、杉原誠(マコ)からなる、海老塚中出身の”海老塚三人衆”が、揉めている時でした。

春道は、その脅威的なケンカの強さから、様々な抗争に巻き込まれていきます。

3.『クローズ』の代表的な抗争

『クローズ』は不良達の闘いと友情の物語です。勝手に話を”編”としてまとめてみました。その中で、代表的な死闘をあげてみました。

「鈴蘭男子高等学校」編(1~3巻)

鈴蘭高に転校してきた坊屋春道は、初日から、2年生と3年生の抗争に巻き込まれます。

◆ヒロミ(2年) vs 坊屋春道(2年)
ヒロミに、不意を突かれた春道ですが…

(クローズ1巻から引用)

ただのお調子者ではない、驚異的な喧嘩が発揮されます。

(クローズ1巻から引用)

◆阪東ヒデト一派(3年) vs ヒロミ、ポン、マコ+坊屋春道(2年)

不良達が群雄割拠する鈴蘭高校の最大派閥、阪東一家(約120人)。阪東ヒデトの無期停学が解かれ、阪東派が暴れまわります。

◆リンダマン(3年) vs 坊屋春道(2年)

鈴蘭高校で最も恐れられている男・リンダマン。中学時代に、人を殺したことがあるという噂もある謎の男。いつもは弁当屋でアルバイトをしています。

↓「鈴蘭男子高等学校」編
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 試し読みです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「武装戦線」編(4~6巻)

凶悪暴走族”武装戦争“が、鈴蘭高校を配下するべく、抗争を仕掛けてきます。実は、阪東ヒデトは武装戦線の幹部だったのです。決してまとまることがないカラスの集団、鈴蘭高校は武装戦線に対抗できるのでしょうか!?

◆久能龍信(武装戦線副頭)  vs 坊屋春道

ボクシング仕込みのケンカで、春道を追い込む久能龍信。

(クローズ4巻から引用)

◆武装戦線親衛隊13人 vs 坊屋春道

春道の舎弟のヤスが、武装戦線300人から選ばれた親衛隊13人に連れ去られます。武装戦線の頭、久能秀臣と親衛隊、春道、鈴蘭高校の最後の抗争が始まります。

↓「武装戦線」編
↓↓ 試し読みできます ↓↓

「黒焚連合」編(7~11巻)

鈴蘭高の対抗勢力、黒崎工高と焚八商高を中心とした黒焚連合に、県南から来た謎の3人組が襲いかかります。

◆ブル(黒焚連合総長) vs 石川剛(敵対高校連合代表)

黒焚連合に抵抗する、塚本高、七森工がタイマン勝負を挑んできました。対するは、春道の親友となった黒焚連合の総長ブル。

◆キーコ vs 坊屋春道

県南から逃げてきた石川兄弟を追ってきた、キーコ、パルコ、テルの3人が、黒焚連合に戦争を仕掛けてきます。

(クローズ10巻から引用)

◆パルコ vs 片山千秋(百合川南高:2年)

◆テル vs 久能龍信(武装戦線頭)

↓「黒焚連合」編
↓↓ 試し読みできます ↓↓

「鳳仙学園」編(12~15巻)

鈴蘭高の不良ライバル高で、スキンヘッド軍団の鳳仙学園。鈴蘭とは過去の抗争で死者を出し、不可侵協定を結んでいましたが、協定を破り、鈴蘭高にケンカを仕掛けてきます。

◆美藤竜也(鳳仙頭:2年) vs 阪東ヒデト(鈴蘭:3年)

武装戦線の久能龍信を倒した男、美藤竜也に、男をかけて、阪東ヒデトが挑む。

◆美藤秀幸(鳳仙:1年) vs マコ(2年)

◆美藤竜也(鳳仙頭:3年) vs 坊屋春道

美藤のケリが春道に炸裂!

(クローズ14巻から引用)

↓「鳳仙学園」編
↓↓ 試し読みできます ↓↓

「鈴蘭高校1年戦争」編(16~18巻)

春道は、卒業するリンダマンに最後のタイマンを挑みます。そして、多くの男達が参列した壮絶な卒業式は幕を閉じます。鈴蘭高校には血気盛んな1年生が入ってきて、1年戦争を制したゼットンが、春道に挑みます。

◆ゼットン(鈴蘭:1年)vs 坊屋春道(3年)

ゼットン(花澤三郎)は、春道の中学時代の後輩です。ウルトラマンというあだ名の嫌われ者の体育教師を、頭突きで倒してしまって、ついたあだ名がゼットン。

(クローズ17巻から引用)

↓「鈴蘭高校1年戦争」編
↓↓ 試し読みできます ↓↓

「スネイク・ヘッド」編(19~22巻)

県南の喧嘩チーム、スネイク・ヘッドが、キーコ、パルコ、テルの3人に襲い掛かかります。鈴蘭、鳳仙、武装戦線の連合チームは、仲間となった3人を救うため県南に向かいます。しかし、スネイク・ヘッドを操るのは、キーコ達のかつて仲間、公平でした…。

◆志賀幸夫(スネイク・ヘッド) vs 美藤竜也(鳳仙学園頭:3年)

◆大島智之(スネイク・ヘッド) vs 久能龍信(武装戦線頭)

◆真弓鉄次(スネイク・ヘッド) vs 坊屋春道(3年)

↓「スネイク・ヘッド」編
↓↓ 試し読みできます ↓↓

「世代交代」編(23・24巻)

1年生で鳳仙学園のトップに立ったキングジョーが黒焚連合に挑みます。また、黒焚連合でも、河田二高1年、中島信助が、春道にタイマン勝負を挑みます。不良達の新世代が台頭してきます。

◆キングジョー(鳳仙:1年) vs ブル(黒焚連合総長)

キングジョー(金山丈)が、2年で鳳仙トップの美藤秀幸を倒し、平和な街に戦争を起こすのでした。

(クローズ22巻から引用)

◆中島信助(黒焚連合:1年) vs 坊屋春道(3年)

↓「世代交代」編
↓↓ 試し読みできます ↓↓

「萬侍帝国」編(25・26巻)

東京町田に本部をもつ日本最大のチーム”萬侍帝国”。その中でも、日本不良界最強と言われる男が、跡目争いに敗れて、春道達の町に流れてきました。衝突は時間の問題です。

(クローズ25巻から引用)

◆九頭神竜男(九頭竜会頭) vs ゼットン(花澤三郎:1年

◆九頭神竜男(九頭竜会頭) vs 坊屋春道(3年)

↓「萬侍帝国」編
↓↓ 試し読みできます ↓↓

4.まとめ

高橋ヒロシさんの名作漫画。徹底して女性が出てこないところがすごいです(笑)。

 

タイトルとURLをコピーしました