メジャーリーグ漫画『ファーシーム』 日本球界から永久追放になった中年投手が、キャンプ招待選手から大リーグに挑戦!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、私の大好きな漫画家、さだやす圭さんの野球漫画『フォーシーム』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓↓

そもそも「フォーシーム」とは、日本では、直球やストレートと呼ばれる球種のことです。投げたボールが、1回転する間に、縫い目(シーム)が、4回通過することから、フォーシームと呼ばれています。タイトルを日本語に直してみると『直球』ですね(笑)。

スポンサーリンク

1.『フォーシーム』の基本情報

著者 さだやす圭
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミック
掲載期間 2013年~2019年
巻数 全19巻

さだやす圭さんは、1949年生まれ(1975年に漫画家デビュー)ですから、会社勤めの人なら、とっくに定年退職している年齢です。それでも、これだけ力強い漫画を描けるのですから、生涯現役、目標にしたい人生の先輩ですね。

2.『フォーシーム』のあらすじ

かつてはキングと呼ばれた豪速球投手・逢坂猛史も36歳。不遜な態度で、4チームを渡り歩き、すでに峠を過ぎたといわれている投手です。

クライマックスシリーズ最終戦前に、監督から「お前はまだまだやれる。この試合は任せた!」と男気を示されて発奮し、全盛期を彷彿させるピッチングで、7回まで無失点を続けます。しかし、8回に満塁のピンチを迎え、ついに、監督から交代を言い渡されます。

ピンチを切り抜ける自信があった逢坂は、全く納得できずに、交代を告げにきた監督の首を吊り上げて、大暴れして退場となります。結局試合も負けてしまい、日本中から猛批判を浴び、日本球界からも追放されてしまいます。そんな逢坂が、記者を集めて、引退会見と思いきや、メジャーリーグ挑戦を表明するのでした。

3.招待選手からメジャーリーグに挑戦

若い全盛期に、訳あってメジャーリーグに挑戦してこなかった逢坂が「まだオレはやれる!」と活躍の場を求めて、メジャーリーグに挑戦するのですが、各チームのスカウト達は、全盛期を過ぎた投手に見向きもしません。

そこで逢坂は、アメリカンリーグ西地区のチーム、オークランド・アスリーツのキャンプに招待選手として強引に参加し、実力をアピールすることにします。

メジャー契約できるのは選手は40人。招待選手は、メジャー契約するほどではないが、実力を見てみたい選手を、メジャーのキャンプに招待という形で呼んで、戦力になるか見極められる選手です。まず逢坂は、キャンプでアピールして、メジャー契約を勝ち取っていく必要があります。

4.孫六との漫画を超えた対決

少しネタバレになってしまうのですが、紆余曲折、強引力わざで、逢坂はメジャー契約を結び、自分の得意球フォーシームで強豪チームと対戦していきます。その相手の中には何と、さだやす圭さんの別の漫画『なんと孫六』の主人公、甲斐孫六とも対決するから面白いです。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓

5.まとめ

『なんと孫六』では、主人公・孫六が、野球以外のところでも大暴れして、そこが面白いところなのですが、『フォーシーム』は、純粋に野球、メジャー漫画と言えます。

36歳、引退土俵際の逢坂が、強引に勝負すると思いきや、結構、円熟味のあるピッチングで、メジャーリーガーと勝負していきます。純粋に野球漫画、メジャーリーグ漫画を楽しみたい方におすすめの漫画です。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓
↓↓試し読みできます↓↓↓

 

タイトルとURLをコピーしました