お笑い起業漫画?『おかしな2人』 天才発明家とフィジカル・ヤクザの2人が、一攫千金を夢見て奮闘します!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、起業・コメディ・抗争漫画?『おかしな2人』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

さだやす圭さんの漫画は、『なんと孫六』や『ああ播磨灘』など、破天荒で反体制的な主人公が、大暴れする、読むと力が湧いてくる漫画が多いです。この『おかしな2人』も、性格がまったく違う主人公2人ですが、まぁ破天荒です(笑)。

私の中では、この漫画が、さだやす圭さんの漫画のナンバーワンです。

スポンサーリンク

1.『おかしな2人』の基本情報

著者 原作:やまさき十三、作画:さだやす圭
出版社 講談社
連載雑誌 モーニング
掲載期間 1982年~1987年
巻数 全16巻

30年以上前のマンガを紹介できるとは、私もいい年ですね(笑)。

原作のやまさき十三さんの代表作は、国民的漫画『釣りバカ日誌』です。やまさきさんは『釣りバカ日誌』が、漫画の原作者としてのデビュー作ですからすごいです。

漫画家のさだやす圭さんも大ベテランですが、実の息子さんも「さだやす」という漫画家になっていたんですね。

さだやす連作デビュー作
さだやす連作デビュー作

2.『おかしな2人』のあらすじ

暴力サラ金の支店長・室田幸男と、お調子者の山倉修が、南の島でバカンスと思いきや、室田は、組の資金を横流しして山倉に貸した2000万円を、死亡保険金で払ってもらおうと、ボートから海に、山倉を突き落とそうとします。

しかし、取っ組み合いをしているうちに、むなしくなり、2人は日本に帰ってきます。

組の資金を使い込んだことがばれれば、自分の命が危ういとイラつく室田に、山倉は、再び儲け話を持ち掛けます。それは、山倉が発見した新種のバクテリア「カッカ・ノンノン」です。

カッカ・ノンノンは、ウンコを無色無臭の灰に分解するため、ペットの糞尿処理剤として商品化しようと、室田と山倉の奮闘が始まります。

3.『おかしな2人』の主役2人

天才発明家・山倉

天才的な頭脳の持ち主。いくつもの大学を出て、様々な専門知識もっています。カッカ・ノンノンはじめ、様々な発明やアイディアを考案して、室田と組んで事業化をするのですが、もう少しのところで失敗させてしまいます。室田の美人の奥さん、夕子に惹かれてます。

超人的体力ヤクザ・室田

巨漢で、強靭な体力をもっているヤクザです。冥王会の構成員として、サラ金の支店長をしているときに、山倉と知り合って、儲け話を持ち掛けられます。兄貴分の成田とは、物語の初めから終わりまで、犬猿のライバルです。美人の妻・夕子と小学生の娘・さやかを溺愛しています。

4.まとめ

山倉と室田の2人は、「カッカ・ノンノン」以外にも、様々な事業に挑戦していきます。次から次に事業に手を出すということは、成功を失敗を繰り返すということですね。

事業以外には、日本最大のヤクザ組織との抗争や、室田のボクシング挑戦。宗教家や政治家転身など、助け合い、時には、足を引っ張り合う2人。さだやす圭の作品のおもしろさが、ギュッと詰まった漫画です。

↓↓↓試し読みできます↓↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました