画家を目指す若者の漫画『北の土竜(きたのもぐら)』 人見知りで内気な若者が北海道から世界へ!成長の物語です。

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、画家を目指す若者の漫画、石川サブロウさんの『北の土竜(きたのもぐら)』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓

土竜はもぐらと読みます。漫画の舞台は北海道なのですが、実は動物のモグラは北海道にはいません。北海道は、氷河時代でも本州と離れていて、渡ってこれなかったのが原因のようです。

スポンサーリンク

1.『北の土竜』の基本情報

著者 石川サブロウ
出版社 集英社
連載雑誌 週刊ヤングジャンプ
掲載期間 1981年~1985年
巻数 全21巻

これまた古い漫画ですみません。

しかし、読み直してみると、主人公に感情移入して感動できるいい漫画なんです。作者、石川サブロウさんは北海道出身です。この『北の土竜』の舞台も北海道です。

石川サブロウさんは、漫画家を目指してから漫画家になるまで、他の漫画家の交友記録などを、『ぼくの漫友記』という無料漫画で公開しています。

「ボクの漫友記」(石川サブロウ) | ぽけまん
漫画家、石川サブロウ先生の「ボクの漫友記」がぽけまんにて無料公開中です!! ぽけまんのために書き下ろした、ここでしか読めない作品を公開します。石川サブロウ氏が漫画家人生を振り返りつつ、友人との交流の原点を赤裸々に描く!投稿作品を持ち込んだときのエピソードを、その当時の作品の原稿とともに公開!必見です!

この『ぽけまん』のサイト、おもしろいです。

2.『北の土竜』のあらすじ

主人公・堂本繁(どうもとしげる)20歳。印刷工場で働きながら絵の勉強をしています。人並み外れた人見知りでシャイな繁は、あるとき、職場の憧れの女性に映画に誘われます。しかし、自分に自信が持てない繁は、からかわれたと思いこみ、待ち合わせをすっぽかします。

会社をやめて田舎に帰ってしまった、その女性からの手紙で、実は彼女も人見知りで、絵を描いている繁に憧れていたこと。また、お見合いをして牧場をやっている若者と結婚することを知ります。

失恋をしてしまった繁は、生まれ変わるため、100号の大作の絵に挑み公募展に出品、その作品は審査員特別賞を受賞します。しかし、会社の同僚の嫉妬と上司のイヤミに、生まれて初めて怒りを爆発させ会社を辞め、絵描きの道を志すのでした。

※100号=162cm×130cmぐらいのサイズの絵です。

3.『北の土竜』の読みどころ

自分の殻を破って、画家を目指しはじめた繁は、さまざまな人に出会い、画家としてもですが、人間的にも成長していきます。出会った人に影響を受けて、繁が成長、自立していく姿がこの漫画の1つのテーマです。

また、ライバルの画家達との闘いも面白いです。厳しさをテーマとした絵を追求する天才・青野、盲目の天才芸術家・アートとのフレスコ画対決、大磯漁との最終決戦など、ライバル達、繁がどんなテーマで絵を描くのか、ワクワクします。

4.まとめ

画家の漫画はあまりないのですが、ぜひ読んでおきたい漫画です。繁が最後にどこにたどり着くのか、最終巻で土竜のタイトルの意味がわかります。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました