ラブコメ漫画の最高傑作『めぞん一刻』 数年に1回必ず読み直し泣き笑いする名作です!!

いつもありごとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、高橋留美子さんの名作ラブコメの感動漫画『めぞん一刻』を、ご紹介させて頂きます。

↓↓試し読みできます↓↓

漫画を読む人には必ず読んでもらいたい、おすすめの名作漫画です。今も数年に一度、細部を忘れた頃に読み直して、泣き笑いしています。

スポンサーリンク

1.『めぞん一刻』の基本情報

著者 高橋留美子
出版社 小学館
連載雑誌 ビックコミックスピリッツ
掲載期間 1980年~1987年
巻数 全15巻

1987年デビューの高橋留美子さんは、ヒット漫画を出し続けている天才漫画家です。アニメ化、映像がされた作品も数多く、今でも「週刊少年サンデー」に『MAO』を連載中です。

初連載作で代表作でもある『うる星やつら』の連載が、1978年~1987年ですから、『めぞん一刻』と『うる星やつら』と、ヒット作を同時並行で連載もしていました。

『めぞん一刻』は、アニメも好きで見ていました。原作との大きな違いは、斉藤由貴さんが歌う「悲しみよこんにちは」が印象深い、いい歌だったことでしょうか(笑)。

斉藤由貴 悲しみよこんにちは

2.『めぞん一刻』のあらすじ

木造ボロアパート「一刻館」に住む浪人生の五代裕作(ごだいゆうさく)は、毎日のように宴会騒ぎをする隣人たちに「勉強ができない!」と、一刻館を出て行こうとします。そこへ、音無響子(おとなしきょうこ)と名乗る綺麗な女性が現れ、「今日から新しい管理人になります。」と挨拶をします。

響子に一目惚れした裕作は、即座に刻館を出て行くのを取り止めます。クセ者ぞろいの一刻館の住人達のドタバタ劇と裕作の恋の物語が始まります。

3.一刻館のクセのある住民達

『めぞん一刻』について、高橋留美子さんは、はじめは恋愛漫画ではなく、『うる星やつら』のようなドタバタ劇にするつもりだったと言ってます。その舞台となる一刻館の住民は個性的なクセ者ぞろいで、しかも、部屋番号と苗字を一致させる遊び心もいいです。

1号室:一の瀬 花枝・・・酒好き、宴会好きの豪快な奥様。息子と影の薄い旦那あり
2号室:二階堂 望・・・物語の後半に入居。大学生。
3号室:空き部屋
4号室:四谷(名前は不明)・・・仕事は何をしているのか謎の人物
5号室:五代 裕作・・・浪人生
6号室:六本木 朱美・・・酒好き、一刻館ではいつも下着姿に近い恰好をしている。

4.恋のライバル・三鷹

ラブコメ漫画ですから、恋のライバルは必須ですね。一の瀬さんや響子が通うテニスクラブのコーチ・三鷹も響子に魅かれ、裕作の恋のライバルとなります。二枚目でスポーツマン、資産家の息子で性格も良く社交的ないい男です。裕作が勝てるのは、若さとあるかわからない可能性だけです。

参考)三鷹 瞬

↓↓試し読みできます↓↓

5.裕作にも彼女できる!

優柔不断で頼りがいがない裕作にも彼女?ができます。裕作の酒屋のバイト仲間のこずえです。裕作を好いて、積極的にアプローチ。優柔不断な裕作は響子が好きなのに、こずえのペースで彼氏のような存在になっていきます。

参考)七尾 こずえ

↓↓試し読みできます↓↓

まとめ

天然で恋ににぶい響子に、裕作の思いはなかなか届かないですが、それ以上に、響子には他に思いを寄せる男性の存在が見えてきます。

裕作の想いは響子に届くのか?すれ違いや勘違い、くっつきそうで、くっつかない。ヤキモキしながらも2人を応援してしまう名作漫画です。笑って、泣いて、感動したい人のおすすめです!

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓試し読みできます↓↓

タイトルとURLをコピーしました