スポーツ漫画家・なかいま強のおすすめ漫画ランキング・ベスト6 マイナースポーツを描いてくれて嬉しいです!

いつもありがとうございます!

マンガ大好きユキチです。

今回は、作品がほぼスポーツ・ギャク漫画の”なかいま強”さんの漫画ランキングを、独断と偏見でまとめてみました。

なかいま強さんの漫画は、出身地の沖縄のように明るくて楽しいのが特徴です。また、ラグビー、女子ボクシング、最近ではカーリングなど、マイナースポーツを描いてくれるところも嬉しいです。欠点は繊細な漫画ではないところでしょうか(笑)。では、いってみます!

スポンサーリンク

1位:うっちゃれ五所瓦(相撲)

※試し読みできます。
※試し読みできます。

武蔵山高校三年生でたった一人の相撲部員・五所瓦が、一度でいいから団体戦を戦ってみたいと仲間を探し、その五所瓦の気持ちに打たれ仲間達と団体戦を戦う姿を描いています。

インターハイ優勝の柔道部主将・清川、プロレスラー志望のレスリング部員・関内、硬派の応援団員・難野、小心者で巨漢の囲碁部・雷電など、集まったメンバーは個性的です。県大会のライバルは、無敗の高校横綱・田門を中心とする黒島高校。五所瓦は田門に過去2年負けていますが、やっとその実力をみんなが知ることになります。

全12巻で、いっき読みに丁度いいまとまりです。

2位:黄金のラフ(ゴルフ)

※試し読みできます。
※試し読みできます。

筋肉馬鹿の藤本草太、コース戦略や芝目の読みに優れる小心者の太子治、スイング理論は優れるが小柄で非力な谷田部光一。まったく勝てないプロゴルファー3人が、互いに才能を補い合うために、草太がプレイヤー、太子がキャディー、谷田部がスイングコーチとして「チームきりたんぽ」を結成し世界に挑んでいきます。

草太と『ゲイン』の主人公・夏井球生は、運動神経抜群でパワーもあるが大雑把で雑、頭は残念と、ほぼ同じキャラです(笑)。

続編『黄金のラフ2~草太の恋~』は、「チームきりたんぽ」がケンカ別れして解散。草太が女子プロを目指す美波里をキャディーを迎えて、イケイケのゴルフをしていきます。副題、草太の恋としてますが、なかいま強さんは、恋愛ものを描くのが苦手とわかるわかる仕上がりです(笑)

※試し読みできます。
※試し読みできます。

3位:ライスショルダー(女子ボクシング)

※試し読みできます。
※試し読みできます。

女子ボクシングを引退してトレーナーをしているあかねは、ジム会長のから、興行的に儲からないため女子ボクシングの運営について、半年以内に、客を呼べる選手を見つけてこないと、女子ボクシングの縮小と告げられます。

有望な女子ボクサーを求めて、全国を回っているあかねは、岩手県の田舎の相撲大会で、男たちを圧倒的な力でなぎ倒して優勝する秋野おこめに出会います。

おこめは、身長193cm、体重92kgの規格外の体格の18歳女子です。ちなみに、幼い弟妹の名前は、だいず、こむぎ、あずきです。規格外の体とパワー、顔と方言のかわいらしさ、そのギャップが楽しい漫画です。

4位:ゲイン(ラグビー)

※試し読みできます。
※試し読みできます。

埼玉県立亀尾高校に入学した夏井球生(なついたまき)。我慢が足りないトラブルメーカーで、さまざまな部に入部しようとしますが問題を起こして退部となります。そんな球生の入部を許したラグビー部。小さい頃から人より力が強くて、加減ができずにチームスポーツができなかった球生が、ラグビーの魅力に取りつかれていきます。

1997年連載ですが、この頃は日本ラグビーは冬の時代です。『ゲイン』も花園予選がはじまり、やっとラグビー漫画ぽくなり、面白くなってきたなと思ったところで打ち切りになっています。

5位:わたるがぴゅん!(野球)

※試し読みできます。
※試し読みできます。

東京の東和台中学校に、沖縄から転校してきた与那覇わたる。わたるを中心に、東和台中学校の快進撃が始まります。

なかいま強さんのデビュー作で代表作。「月刊少年ジャンプ」に20年間連載され、全58巻の大作です。漫画家・ちばあきおのアシスタント出身ですが『わたるがぴゅん!』のはじめの頃は、もろ”ちばあきお”タッチの画で笑えます。野球とギャグは半々で楽しめます。

ランキングが低くなったのは、私が途中で読むのをやめてしまったからです…。58巻はさすがに飽きました。おじさんなのでお許しを。

6位:南風原カーリングストーンズ

※試し読みできます。
※試し読みできます。

女子カーリング選手の二風谷直歩(にぶたになほ)は、曲がったことが大嫌いな性格が災いして、北海道を追われ、沖縄へカーリングの普及にやってきます。南風原町(はえばるちょう)にある沖縄唯一のスケート場に日参し、なんとかこの地にカーリングチームを作ろうします。やがて、地元で燻っていた男たちが集まりはじめます。

カーリング漫画とは、さすがです。2019年からビックコミックで連載中で、まだ2巻です。なかいま強さんのスポーツ漫画は、ダイナミックな表現が多かったのですが、心理戦的要素が強いカーリングをどのように描いてくれるか楽しみです。また、知りたいとは思っていて調べていない、カーリングのルールを知れるものありがたいです(笑)。

選外:こんこんちきち(落語)

※試し読みできます。
※試し読みできます。

なかいま強さん唯一のスポーツ以外の漫画が、この落語漫画『こんこんちきち』です。読んでないので何とも言えませんが、1巻で終わってしまっています…。

いかがでしたか?現在、『南風原カーリングストーンズ』はビックコミックで連載中です。短命な作品になる可能性大ですが、今後もなかいま強さんには、マイナーなスポーツに脚光をあびさせてもらいたいです。

タイトルとURLをコピーしました