ヤンキー・タイムトラベル漫画、和久井健『東京卍リベンジャーズ』、元不良が元彼女を助けるため、タイムリープで過去に飛ぶ!

いつもありがとうございます。

マンガ大好きユキチです。

今回は、ヤンキー漫画です。男子は、どうしてもこの分野が好きなんですよね。

↓↓↓無料試し読み↓↓↓

ただし、今回は、ただのヤンキー漫画ではなく、「ヤンキー」+「タイムトラベル」漫画、和久井健さんの『東京卍リベンジャーズ』を、ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

1.『東京卍リベンジャーズ』の基本情報

著者 和久井健
出版社 講談社
連載雑誌 週刊少年マガジン
掲載期間 2017年~
巻数 既刊19巻

2017年に連載されて、すぐにヒットした人気漫画です。しかし、ずーとアニメ化、実写化はされていない作品でしたが、ついに、2021年にアニメ化が決まったようです。特報PVが公開されていましたので、貼っておきます。

TVアニメ『東京リベンジャーズ』特報PV

和久井さんにとっては、『新宿スワン』に続く、ヒット作となっています。

参考)『新宿スワン』です。

2.『東京卍リベンジャーズ』のあらすじ

元ヤンキーで26歳フリーター、花垣武道(はながきたけみち)は、レンタルDVD店でアルバイトをしていますが、6歳下の店長からは、バカ扱いされているパッとしない青年です。

ある日の休日、ボロアパートの万年床に寝転びながら見たテレビのニュースで、中学時代に付き合った人生唯一の彼女、橘日向(たちばなひなた)が、暴力団”東京卍会”の抗争に巻き込まれ、死んだことを知ります。

「オレの人生、どこで間違えたのか…」武道は、地下鉄のホームで、ぼーと立っているところ、突然、背中を押され線路に転落、電車が迫り来る瞬間に、中学2年生のときの彼女、橘日向を思い出します。その瞬間、武道は、中学生時代にタイムリープしてしまいます。

3.過去に戻ってやり直す人生

「タイムリープ」は、自身の能力を使って時間移動する場合に使われる言葉です。思わぬ能力を持ってしまった主人・武道が、中学時代に戻って、いろいろなことから逃げてきた人生のやり直しに、奮闘する物語です。

あまり細かくなると、ネタバレになってしまいますので書きませんが、「タイムリープ」は、自分で時間移動することができますので、何度も「タイムリープ」を繰り返すことが可能です。その結果どうなるのか? そこがこの漫画の面白さの一つです。

4.タイムパラドックスは無視しよう(笑)

タイムトラベルの物語を細かく突っ込んでいくと、問題になってくるのが、タイムパラドックスです。「タイムパラドックス」は、直訳すると「時間の逆説」。わかりやすく言うと、時間の矛盾です。

今回の『東京卍リベンジャーズ』では、タイムリープして、過去の自分をやり直すのですが、そもそも、そうなると、未来で、地下鉄の線路に転落する事故(事件?)も起きなくなってしまうということも考えられ、そうなると、タイムリープも無くなり・・・と、考え出すと、物語がぜんぜん面白くなくなるので、タイムトラベルすげえ!ぐらいで漫画は楽しみましょう(笑)。

5.まとめ

ヤンキー漫画ですので、友情とケンカは当たり前ですね(笑)。ちょっと違うのは、今アイツは何している?ではありませんが、過去の友情が、現在どうなっているのかが描かれているところです。主人公・武道は、元恋人を救うため「タイムリープ」したのですが、友情も取り戻すために、体を張っていくことにもなります。

タイムトラベル系の漫画が好きな方にお勧めです。

↓↓試し読みできます↓↓
↓↓↓無料試し読み↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました